肩こりの原因・痛みの性質・対策その1

みなさんこんばんは。

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です

台風の接近で大荒れの天気と厳しい寒さが続いていますが、みなさんは健やかにお過ごしでしょうか。今日も私は鍼灸治療の勉強家に参加するために東京に行ってきました。

やっぱり東洋医学は難しいのですが、しっかりと勉強して経験を重ねていくと本当に驚くような効果が出ますので、もっともっと患者さんに喜んで頂けるように勉強の方でも頑張ります!ちなみに今日は気・血・水の生理と病理、背中のツボ(経穴)の診察法、二便(大小便)の講義と実技を受けてきました。

という事で本題に入ります。最近、肩こりについてブログを書いていたので、大まかにまとめます!

1:原因について = 原因を深く理解することで症状や対策への理解が深まります

◇同一姿勢 = もうこれは書かなくてもみなさん何となく理解できると思いますが、お仕事、事務作業、勉強など同じ姿勢を継続すると当然、首の角度や腕の高さを維持するために筋肉に力が入り緊張します。

その緊張が持続されますので当然、筋肉の中を通る血管が圧迫され血流が低下し栄養や酸素の供給が低下し疲労します。これが長時間、長い日数継続することで慢性的な筋緊張、筋疲労となり肩こりが生じます。

◇不良姿勢 = これも同一姿勢と似ていますがこれは、日常生活での習慣、クセ、運動不足などにより正しい姿勢(お身体の負担が少ない姿勢)が維持できず、筋肉が伸ばされてしまったり、逆に縮まってしまったりすることが習慣となってしまい骨格などにも影響を与えてしまった結果、筋緊張が強くなり血流の低下、栄養や酸素の供給が低下し疲労が長期間にわたって継続すると肩こりが生じます

◇精神的ストレス = 精神的ストレスにより過剰に緊張してしまうと自律神経による反射が起こり、身体も自動的に筋緊張が起こってしまい悪化する傾向があります。

これに関してはいつも同じ場所や部位に不快な症状が出る場合は、その部分に負荷がかかっていたり、気・血の巡りが滞っている可能性が高いです※ 内臓で症状が出ると高血圧や胃潰瘍が有名ですし、腰痛にも関連することがあります。

◇運動不足 = 運動不足により筋力が低下することにより、不良姿勢や労働負荷に耐えられず、筋肉の緊張が強くなったり、血行が悪くなる結果こりが悪化しる傾向があります。

また運動不足により全身的な血流が低下すると当然、緊張の強い部位や部分は更に血流の低下が起こりやすい為、酸素や栄養が供給が低下し疲労が長期間にわたって継続すると肩こりが生じます。

◇寒冷刺激・冷房 = 寒冷刺激や冷房でも冷えにより筋肉の緊張が強くなり血行が悪くなることがあります。これは特に女性の方なら夏場の冷房などで多くの方がご経験されていると思います。

冷房の直撃や冷房対策をしていないと、首肩が強張ったり緊張が強くなって首や肩が痛くなったことがあると思います。

◇内臓からの関連痛 = これは非常に危険な症状で、心臓や内臓の病気に関連して肩こりに似た症状や痛みが発生することがあります。心臓や血圧の持病をお持ちの方や胃ガンの転移、食道ガンなどでも起こりますので要注意です。特に首と肩の付け根、肩甲骨と肩甲骨の間(背中)などが有名です。

◇複合型 = 1~6の原因や加齢による筋力低下や病気による安静などが複合して起こる場合もあります。

少し長くなりますので次回に続きます。次回は痛みの性質を大まかにまとめます。

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。 

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP    http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一