その健康情報は信頼できますか?

みなさんこんばんは

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です

 

ホントに天恵堂の患者さんとこのブログにお目通し頂いている方には是非知って頂きたい事がニュースにありましたのでブログに書きます。

「信頼できる「健康情報」を見分ける3つのコツ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00006587-nallabout-hlth&p=1

「世界の医療者が利用する「信頼できる医療情報」とは?」

https://focus.allabout.co.jp/gm/gc/470905/?from=headlines.yahoo.co.jp

是非、このニュースを読んで頂いて「みなさん自身」が「建設的な批判の目」を身に付けて下さい。当然このブログを書いている眼鏡の鍼灸師の言葉も含まれています!!

天恵堂の患者さんからも『「先生、治療のあとはお水をいっぱい飲んでください」って整体とかリラクゼーションの先生から言われたんですが水を飲んだ方がいいですか?』とかいろいろな事を言われてくるんですね。

私の答えは『絶対にお水をいっぱいに飲まないでくださいね(笑)いつも通りでお過ごしください』と伝えています。※養生指導(セルフケア)として軽い運動や保温(冷やさない)など患者さんお一人お一人に最適な養生を提案しています。

よくお考えいただきたいのですが、「治療のあとは老廃物がいっぱい出るので、お水をいっぱい飲んでください」ってことなんですが、こんなのウソ・インチキでしかありません(笑)

西洋医学の基本中の基本である「生理学」を勉強すれば理解できるはずです。

例えばリラクゼーションなり整体なり、鍼灸治療を受けたら「大量に老廃物が出る」のであれば、それは尿検査すれば数値に現れます、当然!私の言っている事が信じられなければ今度、病院に行く機会があれば(ない方が健康なのですが)かかりつけのお医者さんに聞けば爆笑されて終わりだと思います。

身体に有害な代謝産物のアンモニア(たんぱく質が分解されるとアミノ酸の窒素からアンモニアが作られます)このアンモニアは身体への侵害性が高いので肝臓でアルギナーゼという酵素の働きで尿素に作り替えられ、尿として排出されます。

しかも浮腫みや腰下肢の重だるさなどがあり、梅雨時や雨の時にお身体が重だるく感じる方は、水分の代謝が低下している傾向が強い(=水はけが悪い)ので、その体質自体が改善されおらず、60分前後マッサージっぽい事をされたり、国家資格のない方の治療?施術?を受けただけでご自身の体質が完全に良くなる可能性は、非常に低い為、もしいっぱいお水を飲まれたらお身体の中でお水であふれ一時的に浮腫みやトイレの回数が増えるでしょう。

その他、納豆ダイエット、バナナダイエット、朝リンゴダイエット、お水をいっぱい飲む、などなどホントかな?と思うようなものが私の頭の中には浮かんでしまいます。ぜひこのブログをお読みになった方には「真実を見抜く目」「建設的な批判の目」をお持ちいただき、本当の健康を手に入れて下さいね。

もちろん、このブログの内容や東洋医学についても「建設的な批判の目」で厳しくチェックし、厳しいツッコミをお入れいただければ幸いです。また患者さんや質問された方のご理解・ご納得できるような回答を心がけて参ります。

ちなみに東洋医学の根幹となる「気」の存在については「現在」の「西洋医学」「西洋科学」において証明されておりません。これが為に数値化や客観化や試験(RCT=Randomized Controlled Trial)に非常に不向きであるので東洋医学が根拠がないなどと言われております。(涙)

悔しいですが、このブログで東洋医学の有効性をお伝えしていきたいと思います!!!

 

辛い症状をお持ちでお困りの方は、ぜひ!辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

寒さが厳しさを増していますからみなさんも体調には十分に気をつけてお過ごしください。