肩こりの原因・痛みの性質・対策その2

みなさんこんばんは

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です

本日は台風一過でとても穏やか秋らしい天気で清々しく過ごすことができました、しかし、一昨日の台風の影響が大きい地域もありますし、私の住む小山でも宇都宮線や湘南新宿ラインなどの大幅運休や運航中止があります。被害に遭われた皆様の一日も早い回復と復旧を心より願っております。

二十四節季では昨日から霜降(そうこう)になり二十四節季では秋の最後になります。露が夜の冷気に冷やされて霜となって降る時期になりましたね。霜降に入ると山々の木々は色づき紅葉が楽しめるようになります。

それでは今日は最近、肩こりのブログを書いていたので、痛みの性質について大まかにまとめます!

< 痛みの性質 >

1:重だるい

典型的な症状で筋肉の緊張の場合が多いですが寒冷刺激などでも起こります、これについては特に事務仕事やPC業務をされている方ならご経験があると思いますが、おおむね筋肉の緊張が緩む・リリースされれば改善することが多いですね。この「重だるい」に関しては“温める”や“ストレッチ”、“運動”で症状が緩和することが多いです。

温めたり、ストレッチをすると筋肉の緊張がゆるみ、温めの温熱効果や運動で肩の血行が促進されますので、発痛物質として有名なプロスタグランジンやカリウムイオン、ブラジキニンなどの停滞が解消されれば当然、不快な症状も改善されますね。

2:ズキズキ・ドキドキ

血管拍動性の可能性が高く痛みや症状も強い事が多いです。この症状は血管の周囲が神経由来の炎症を起こしたり、血管の異常拡張が原因と言われています。随伴症状としては吐き気、光や音に過敏になったりすることがありますね。悪化させる飲食物はワイン・コーヒーなどや飲食物以外でもストレスが有名ですが、どれも血圧や血流に影響がありそうですね。血管拍動性というくらいですからね。

この症状に関しては血圧や血流が大きく関与している可能性が高いので、痛みの感覚を低下させたり、局所の血流を低下させる冷却法(冷やす)が有効だと考えられますが、実は温めた方が改善する方、圧迫して抑える方が改善する方、安静、服薬などなど患者さんによりさまざまですので、ご自分に合った対処法を見つけることが先決になります。

3:ジワジワ・貼りつく

筋肉の緊張や血行が悪くなり不快な症状を発生させることが多いです。これも1:重だるいに似ている症状ですが私が治療している患者さんの傾向を考えると、1:重だるい症状の患者さんが悪化したり慢性化してしまったのが3:ジワジワ・貼りつくような不快感に移行している印象があります。少し頑固な症状になってきていますので、“温める”“ストレッチ”“運動”+鍼灸などの早期治療を組み合わせて行うと良い効果が出ています。

4:刺される痛み

刺痛(しつう)はピンポイントで痛みが発生します、複合的な原因やストレスで起こることが多いですが内臓が原因でも起こるので注意が必要です。帯状疱疹後後遺症(肋間神経痛)、糖尿病性神経痛、抗がん剤による副作用での痛み、内臓からの放散痛(同じ命令系統の神経への影響)などが有名ですが、東洋医学では瘀血(血の滞り)の症状ともされております。

ストレスが多い方、帯状疱疹、糖尿病、心臓疾患の方は要注意です!真剣に病院での検査を検討して下さい!異常が見つからなければ安心ですからね!東洋医学の瘀血(血の滞り)は若い女性の生理痛・PMSに関連することがありますので、早めに東洋医学の鍼灸院で治療すると効果的です。

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。 

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP    http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一