肩こりの原因・痛みの性質・対策その3

みなさんこんばんは

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今日はちょっと風邪をひいてしまい、鼻水とくしゃみ、腰の重だるさがありましたが、あるツボ(経穴)に自分で鍼を1本刺して、大椎(だいつい)という身体の熱や陽気(暖かさ)に関連するツボ(経穴)を温め、頑張って往診や治療をしていたら、もう鼻水もくしゃみもなくなりほぼ治りましたね。風邪にも鍼灸治療、東洋医学は効くんですよ(笑)知らない人がほとんどなんですがね・・・。

という事で今日の本題は、肩こり原因・痛みの性質・対策その3です!

< 対策 >

1:温める OR 冷やす = タイプにより異なるので「気持ち良い」と感じる方を行いましょう。※ 冷やす時間が長いと冷えにより、その部分に過剰な緊張を起こす場合がありますご注意ください。

簡単に治効作用について書いておきます。「温める」温熱作用により温められるとその部分の血行が良くなりますので痛みを出す発痛物質(ブラジキニン・セロトニンなど)が痛みの部分から流されて痛みが改善します。温められるとお身体の緊張も弛みます。

逆に「冷やす」はズキズキ・ドクドクの血管拍動性の症状は血管の周囲が神経由来の炎症を起こしたり、血管の異常拡張が原因と言われていますので対症療法として炎症を冷やすことで炎症を抑制し症状を緩和します、また冷却作用により部分血流が一時的に低下するので血管への刺激を低下させる効果が期待できます。

また冷却効果で感覚が低下(感覚鈍麻)しますので痛みや不快な症状を感じにくくなる効果があります。

2:ストレッチ = 症状の強くない場所から徐々に筋肉を伸ばし周りから緊張を緩め血行を良くして、最期に一番辛い場所を伸ばしてください、大元から始めるとストレッチ痛が強く感じる事があります。

ストレッチも書いてある通りで筋肉の緊張を緩めることで血流が改善し痛み物質が流されていき痛みが改善することが多いですね。ストレッチはやろうと思えばいつでもすぐできますので、毎日の日課に取り入れてもらえると症状の悪化や不快な状態を減少させることが期待できます。ヨガなどもお薦めです。(汗をかくホットヨガなどは体質により疲労感が大きくなることもありますので、体質に合わせてご判断下さい)

3:運動&呼吸 = 下半身の運動、スクワット、階段の上り下りや散歩をすることで全身の血行を改善し、大きく腕や胸を開いて深呼吸を3~5回ほどすると自律神経を落ち着かせる働きがあり緊張が緩和されます。

もし可能であればゆっくりとジョギングをして汗をかく有酸素運動などをされると効果的ですが、運動不足の方が急に行うと足や腰に痛みが出る事もありますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

4:複合的に行う = 可能な範囲で組み合わせて行うとさらに効果的です。これもお一人お一人、お仕事など様々な事情で実行しやすいもの実行しにくいものがありますので、ご自身に合ったものを組み合わせて行われると良いでしょう。

ポイント!ストレッチに関しては楽なストレッチと厳しいストレッチがあると思いますが、厳しい・痛みが出るストレッチは、いつも緊張して縮まっている筋肉という証拠ですので、厳しい・痛いストレッチをできる範囲で頑張って行うと効果が出てきます!またホントに効くのかな?と疑問に思っている方も是非3週間だけでも続けてみて下さい、継続は力なりです!!!

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。 

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP    http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一