大病の前兆を見逃さないでください

みなさんこんばんは

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今日は本当に秋らしい清々しい天気になり気持ち良く過ごせましたね!往診に行く車でも気持ちが明るくなりますし、今日の様な素晴らしいお天気なら毎日でも自転車で往診に行きたくなります!

最近は台風の影響でジメジメと湿度の高い日が続いていましたので家の中もからっとすっきりしたんじゃないでしょうか。機会があればご紹介しますが自然環境や季節、天候も人間の身体に影響を与えますから、皆さまくれぐれも体調管理にはお気を付け下さいね。

今日はこんな記事がありましたのでブログに書いてみますが、人間だけでなく動物も大病の前には、その前兆が発生している事が非常に多く、その前兆(前駆症状・関連症状)を西洋医学では統計処理しておりますので、大病との関連性が認められているんです。あくまで可能性が高いということです。

「日本人2~3%「斜視」発症…視覚発達妨げる危険性、脳腫瘍など大病のサインも」ヨミドクターより

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00050025-yomidr-sctch

 

西洋医学と東洋医学の優劣の問題ではありませんが、毎日の治療で人間や生命・生体の均衡(バランス)、気・血・水、五臓六腑の乱れ、ツボ(経穴)の反応などを、いつも患者さん診せて頂いておりますが、大病を患っている方、ご高齢の方はやはり、ツボ(経穴)やお身体に反応がハッキリ出ていますね。

こういう経験と2000年以上受け継がれてきた東洋医学を学ぶと、まだまだ若い方(2~40代)の方でも肩こりや頭痛、腰痛・生理痛など、お身体の不調がある方は、生命の生体の均衡(バランス)、気・血・水、五臓六腑の乱れ、ツボ(経穴)や経絡(気の通り道)にも反応が出ていますね。

この反応を悪化させないよう、良い方に治療していくと、大したことがないと考えられている肩こり・頭痛・腰痛・生理痛・冷え性などの症状が改善されます、そうすると「大したことない」うちに生命・生体の均衡(バランス)、気・血・水、五臓六腑の乱れが整えられ大病には至らないという考え方が「未病治」ということになります。やっぱり東洋医学は楽しいですね。

また明日も患者さんをドンドン元気にしていきます!

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。 

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP    http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一