研究会に参加してきました

みなさんこんばんは

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

二週連続で週末に勢力の強い台風に見舞われるという珍しい事に遭遇しましたが、みなさんは大事に至らずご無事でしたでしょうか?先々週の台風の時は大きな自然災害も起こっておりましたので、今回も心配しておりましたが今回の台風は比較的に大きな災害の報道は耳にしませんでしたので一安心ですが、先々週から被災されている方や地域が一日も早く復興・復旧し、いつもの穏やかな日々が戻ることを願っております。

本日はタイトルにも書きましたが私が入会している鍼灸学術団体の研究会に参加してきました。私は毎月、東京と大阪に2,3回ほど研究会に参加しているのですが、先々週は東京、昨日は大阪と私も二週連続で台風が直撃でした~、びしょ濡れにもならず大きな被害もなく勉強できましたのでしたので非常にラッキーでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が好きな東洋医学は「手から手へ」2000年以上も技術を受け継がれて現在に至っております、もちろん書籍での学問・知識も必要になりますが、患者さんのお身体が発している情報を受け取れるようになるには「職人技」のように実際に経験し体験しながら経験知・実践知として身につけなければなりません。学問と技術の両方を兼ね備えることにより「より精度の高い治療」ができるようになるんです!

まぁ一般の方に身近なところですと「自転車の運転」などが経験知・実践知になるでしょう、自転車の運転は最初は補助輪なしでは上手く運転できませんが、それでも繰り返し繰り返し兄弟や家族と一緒に自転車を運転するうちに転ばずに運転できるようになります。そして一度、運転できるようになると数年間、自転車に乗っていなくても転ばずに運転することができます。それをもっと高度に行っているのが「職人さん」達です。姿形はそっくりでも職人歴10年、20年、30年・・・それぞれ違うんですね。それを言葉で表現するのは難しいのですが、違いがあるんですよね。

当然!鍼灸など東洋医学の世界も同じで、同じ鍼の治療でも全然違いますし、同じ経穴(ツボ)に同じ鍼を刺しても効果が全然違います!研究会では会員の先生同士でお身体を診察して、お身体、皮膚、舌、臭い、声、髪などの状態や、経穴(ツボ)や経絡(気の通り道)の反応を診る訓練を重ねて総合的に五臓六腑の状態を認識するのです。

今回は午前中に背候診(はいこうしん)と言って背中の経穴(ツボ)を診る練習をしてきました、背中やお腹には五臓六腑の経穴(ツボ)や反応が現われる部位があるので特に重要な診察方法の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は看護師兼鍼灸師の先生とペアを組み、講師の先生からご指導を受けてきましたが、まだまだ経穴(ツボ)の反応が取り切れていない部分もありながら、ご指摘頂き、再度確認させてもらい反応の取り方がまた一歩深くなりました。また背中の五臓六腑の反応を参考に、足の五臓六腑の反応が関連し反映されているかという事で足の経穴(ツボ)の反応も確認させて頂きましたが、私はどちらかというと足や手の方が精度が高いようでした。これに満足せず更に患者さんのお身体の情報を受け取れるようになりたいと思います。

また午後からは二便(大便・小便)についてと男性生理についてという講義を受けてきましたが、どちらも患者さんの体質や生命力の盛衰、五臓六腑の弱りなど様々に患者さんのお身体の情報を現わしている情報ですので大変勉強になりました。本当にごくごく簡単にお伝えすると、体内に熱が籠ると大便が乾燥して出にくくなり、小便が黄色ぽくなるや、女性の閉経と同様に男性の精力の衰えは五臓六腑(特に腎の臓)に関連しているなどの知識を深めて参りました。

東洋医学は2000年以上続いていますので私の命の時間だけではすべてを学びきること非常に困難ですが可能な限り東洋医学の道を極めていき、一人でも多くの患者さんにお喜び頂けれるよう精進して参ります。

辛い症状ででお困りのみなさん!本格的な冬の寒さが厳しくなり風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!くれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP    http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一