認知症が予防できる可能性 2

みなさんこんばんは。

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今日はこの後、研究会に参加するため大阪に向かいます。しっかり学び患者さんの治療に役立てたいと思います。

では昨日の続きからです!

今回のニュースから、ぜひみなさんに知って頂きたい事は今は

「病気の予防=病気になりにくい」という考え方はもう時代遅れです
今現在の最先端は「好調を自分で創る」です!

「好調を自分で創る」とは自ら積極的に体調・精神を高いレベルで、好調でいられるように自ら積極的に活動・行動することです。

その結果、日常生活ではご趣味やご自身の行いたい活動、家族旅行などを好きなだけ楽しむことができ、仕事でも100%の能力・パフォーマンスを発揮して”活き活きと”働ける状態を持続でき、好調で体調も精神も充実していれば自然治癒力・免疫力は活性化されストレスにも強く、病気にもなりにくいのは当たり前です!

「病気の予防」という“守りの姿勢”ではなく「好調を自分で創る」という“攻めの姿勢”が大切です。

会社の経営に携わる方、高学歴な方、高収入を得ている方は「常に好調を維持し能力を100%発揮できるよう」積極的に定期的な運動をされている方の比率が高いそうです。経済学者の勝間勝代さんも早朝トレーニングは有名ですし最近ではフィットネスジムでトレーニングされている方も増えているようです。

では「積極的に体調・精神を高いレベルで好調でいられるように自ら積極的に活動・行動」するって何をするんですか?という事ですが、以下に「好調を自分で創る6項目」をご紹介します。

1:定期的に運動

人間=動物=動く物ですから、全身を使った運動で全身の気血の巡りを向上させ、身体を支える筋力を衰えさせないことが重要です。また現代は頭脳労働・PC・スマホなど頭部が大変活動します、また精神的ストレスは心(心臓・胸)に影響を与えます。仕事もどちらかというと上半身や手を使う割合が下半身を使う割合より大きくなります、また特に地方都市部では車社会の影響もあり下半身が衰え、上半身と下半身の負担割合が崩れてしまっていますので、特に全身を使う運動やと下半身を強化する運動を組み合わせると良いでしょう!具体的な運動は水泳・ジョギング・ウォーキング・スクワットをはじめとする腰・足の筋トレとストレッチです。

2:規則正しい生活

人間=動物ですが、夜行性ではなく昼行性の動物です。なるべく朝早くから起きて行動し、夜は早めに就寝することが望ましいです。そうすることで「陰」と「陽」の体内での均衡が整いやすくなります。また体内リズムも一定で安定していれば大きな体調変化が起こりにくく、体内環境が安定していることで本来持っている自己免疫力・自然治癒力が機能を発揮してくれます。

3:腹八分目の食事

これは暴飲暴食をしないという事です。食べ過ぎ・飲み過ぎは五臓六腑に負担をかけますので内臓を弱らせます。内臓の弱り・衰えは必ず体表・肌肉・つや・経穴(ツボ)をはじめとする様々なところに現れます。現代は栄養過多ですので腹八分目でとどめましょう。また現代病の一つに冬に冷たいアイス・ビールなど、寒い時期に更に身体に冷えを入れてしまうので内臓の弱り体内環境を悪化させる原因にもなりますので季節に応じた飲食を心がけましょう。(おいおい食養生もブログにしますね)

4:ストレスを発散させる趣味や方法を持つ

これは特に運動や武道がお薦めです。私のお薦めはジョギング・水泳・筋トレ・難易度の高くない登山・温泉&食事・旅行などで散策・散歩・カラオケ・ヨガ・ストレッチなどが良いと思います。前にも記載していますが全身運動と下半身の強化を心がけると良いと思いますし、登山・温泉で食事・旅行で散策・散歩は人間も自然の一部だと理解し自然を楽しむ心があれば自然と心も気持ちも清々しくなると思います。ヨガやストレッチは身体の柔軟性を高めてくれて身体の動きも良くなり呼吸や血行も良くなる効能もあります、またカラオケなど好きな事を思い切り行えばスッキリしストレス解消になりますね!

5:養生する(セルフケア)

これは古傷が痛まないよう・悪化しないように筋トレやストレッチでお身体を鍛えて悪化しないようにセルフケアしたり、冬場や風邪や冷え症状、夏場の夏バテ、食ぼそりなどの「ご自身に合った」体調管理をすることです、またご紹介した1:定期的な運動、2:規則正しい生活、3:腹八分目の食事、4:ストレスを発散させる趣味や方法を持つなどを実際に行うことです。

6:定期治療を受け安定的に好調を持続させる

意外とこれが見落とされているんですが、この後ご紹介する虫歯予防8020キャンペーンが上手くいった背景には、定期健診・定期治療(歯の治療又は掃除)とセルフケア(毎食後の歯磨き)をしっかりと一般国民に浸透させた結果なんです。

どうしても毎食後の歯磨き(セルフケア)をしても小さい虫歯や歯周病ができてしまいますので、それを定期健診で早期発見し、早期治療することで、何か月も歯医者さんに通うほどの大事にならずに済み、その結果が80歳まで20本自分の歯を維持するという事に繋がるんです。

ではお身体はどうでしょうか?みなさんは上記の1~5を行っていらっしゃいますか?少しでも行っていれば良い方ですが、1つも行っていない=食後の歯磨きを怠っているという事です。

では定期治療を受けていらっしゃいますか?定期的に決まった先生に診察・治療してもらう事が最良ですが、受けていない=歯の定期健診・定期治療(歯の治療又は掃除)をしていなことになります。

それでは体調が悪く元気ややる気が出なかったり、仕事やご趣味に思い切り打ち込めなかったり、ドンドン身体を怠けさせ弱らせてしまいます。「好調・健康創りは定期治療と身体磨き(セルフケア5項目)」です

「好調を自分で創る為の6項目」は以上です。

是非みなさんには好調をご自身で創って頂き、生涯現役でご自身の命の時間を最大限有効に使い切って頂きたいと思います。思い切り人生を楽しんでください!

少し話が変わりますが最近選挙がありましたので政治家の人達への提案として本気で日本人の健康長寿、健康寿命を延ばし生涯現役、医療や介護を考え、日本の国家財政を改善するなら、もう財務省・厚生労働省・文部科学省は日本の為に!日本国民の為に!「好調を自分で創りましょう!」と啓蒙活動をするべきだと思います。以前の虫歯予防の8020キャンペーン同様の事をすればいい訳ですよ。

※因みに8020キャンペーンは80歳まで自分の歯を20本維持しましょう!そのために定期健診と歯の掃除、セルフケアをしましょうという事を推進する啓蒙活動やキャンペーンの事です、その結果、大幅に虫歯の患者さんが減ったそうです。=歯科医療費も減少したのは当然ですね。

ですので日本全国に温泉健康センター・スポーツジム・図書館・運動公園・カラオケ・病院・治療院・介護施設・スーパーとか官民共同で一緒に作って運営は民間に任せて、バスを循環させ早朝から深夜(若い世代の為)まで営業させる、温泉・スポーツジム・図書館・運動公園などの公共施設は日本国民は無料にすれば多くの国民が好調・健康になれると思いますし、国民の一人一人が趣味や家族と好きな事(仕事でも農作物作りでも遊びでも)ご近所さんと旅行をする、人生の最後の時までご自宅で過ごしてもらうことが理想ではないでしょうか?

国民が生涯現役で病気にならなければ自然と日本全体の医療費や介護費は減少すると思うんです。

そして育ち盛りのお子さんたちから中高生や、働き盛りの現役世代、まだまだ頑張るゴールド・シニア世代まで、みんなさんが好調でいるということが一億総活躍社会という事ではないでしょうか。

長くなりましたので最後にみなさんに、この言葉を送りたいと思います、

「人間はな、足から死んでいく。そいだから足をつこうて、足を大事にしろ」

この言葉はきんさん・ぎんさん100歳姉妹をご存知の方も多いと思いますが蟹江ぎんさんの口癖だったそうです。

また、成田きんさんは認知機能と体力(脚力)低下による歩行困難の傾向があったそうですが、「ぎんさんのように歩きたいから足を鍛える」と90歳代から筋トレを始めたそうです。その結果、自力歩行が可能になり、認知能力も改善されたことがテレビ番組等でも紹介されていました。

NEWSポスト・セブン

https://www.news-postseven.com/archives/20110921_31172.html

人間に遅すぎるという事はありません!「今日は残りの人生の最初の日」です!みなさんならできます!自分の人生を自分の手で創っていきましょう!

肩こりでお困りのみなさん!本格的な冬の寒さが近づいていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

実は、みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。

天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP    http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一