「どうして通わないといけないんですか?」

みなさんこんばんは。

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

さすがに立冬にはいると一日、一日、日が暮れる時間が短くなり、寒さが強くなってくると、もうすぐ12月だなぁ、とかクリスマスが近いなぁなど気持ちが忙しくなってきますね。みなさまは健やかにお過ごしでしょうか?冬の季節・気候を身体で感じる事も必要ですが、くれぐれもお身体を冷やさないようお気を付け下さい。

 

今日は「どうして(治療に)通わないといけないんですか?」というご質問にお答えしますね。

 

これは一定程度の期間という事が前提です。

 

 

「あなた」が「老化」してきたり、ご家族・職場での人間関係など「ストレス」を受け、仕事で「疲労」している結果として疲労が回復しにくくなり体調が悪化し老化を促進させる「悪いクセ・習慣」「悪循環のサイクル」に入っている為「不調・不快な症状」「病気」「アレルギー」としてお身体に現れているからです。

プラス「不規則な生活」「暴飲暴食」があり「運動不足」で「養生・セルフケア」をしていないと当然、症状は強くなり長引きます。

「悪いクセ・習慣」「悪循環のサイクル」を継続している期間が長ければ長いほど、「良い習慣」「好循環サイクル」に戻して「好調な状態」に戻るのに時間がかかります。

ですので「好循環のサイクル」に移行するまでの期間は継続した方が効率よく症状を改善できるので、「治療を継続しましょう」という提案しております。

ただこの「好循環のサイクル」に移行するまでの期間については、厳密には答えられない事も事実です。

何故なら、誰一人として同じ人間は存在しませんし、同じ病名でも「悪循環のサイクル」の期間の長さ、「症状や病気の軽重」が違います、またご自身の健康を真剣にお考えの方は「養生・セルフケア」「運動」にも積極的ですが、様々なご事情で「養生・セルフケア」「運動」を行いにくい方もいらっしゃます。

上記の様な事情から「~~病なのでXX日で治りますから、それまで通いましょう」というように具体的な日数、回数をご提案できないんです。

 

これは病院・西洋医学でも同じです、例えば「命にかかわるような大病が3日で治りました」という奇跡みたいな事を私は知りませんし、多くの方は大病をされると数年以上に渡り闘病生活をされていらっしゃいます。東洋医学も同様で魔法はありません。

 

そのため個人差や症状にもよりますし、患者さんが「養生・セルフケア」「運動」などに取り組まれれば、それだけ早く「悪いクセ・習慣」「悪循環のサイクル」から「好循環のサイクル」に患者さんが移行できますので、症状が大幅に改善したら「治療を卒業される方」もいらっしゃいますし、「好調維持」「アンチエイジング」の為に定期的な治療を継続される方もいらっしゃいます。

 

もしこれをお読みいただいている「あなた」が

「絶好調」で「運動・養生・セルフケア」もしっかり行っていて、

「不調・不快な症状」「疲労」「老化」「ストレス」「不規則・変則的な生活」「飲みすぎ・食べ過ぎ」など当てはまるものが少なければ少ないほど治療院に通う必要性は少ないです。

中には本当に「健康のお手本」の様な方もいらっしゃいますのでそういう方には無理にはお薦めしませんが、残念ながら「老化」「疲労」は誰しも避けられません

東洋医学の治療は病気や怪我を治してくれる力もありますが、自律神経や免疫系にも作用して「心身をリフレッシュ」して健康を増進させる力もありますので「あなたの健康を高いレベル」で維持したり、「アンチエイジング」にも効果的です。

「好調を維持」し好きな事や趣味を我慢せず、好きなだけ行うため、家族やご友人と旅行を楽しむためなど「あなた」が生涯現役で「あなた」の人生・命の時間を楽しむために東洋医学の智慧や考え方を利用するという事を選択肢の一つとして持っていると良いと思います。

 

肩こりでお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

人間に遅すぎるという事はありません!「今日は残りの人生の最初の日」です!みなさんならできます!自分の人生を自分の手で創っていきましょう!

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。

天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP    http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一