研究会に参加してきました

みなさんこんにちは。
栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今日は日中は晴れて穏やかな天気でしたが、午後からは曇り空になり夕方からは雨になりましたね。私はどんな天気でも基本的には良いほうに考えるようにしています。天気や気象を変えるほどの「能力」はないので与えられた天気や気象の自分に都合よく解釈しています。

ですので日中は穏やかで患者さんの治療着や治療タオルが良く乾きましたし、夕方からは冬らしく寒さが厳しくなり、暗くなってからは恵みの雨で潤いが出てきました。

みなさんも天気・気象だけでなく「ものごと」の良い側面を捉えて「ご自身に都合よく」考えてみると、心が楽になりますよ。

昨日は大阪で私が所属する鍼灸の研究会に参加し勉強してきました。

基本的に鍼灸治療と言えば実は関西が本場だという事をご存知でしょうか?なぜかと言うと仏教と同時期に中国・朝鮮半島から東洋医学が伝わり、朝廷や貴族、権力者の間では医療と言えば食養生や漢方薬(湯液)鍼灸、あん摩が「常識」だったんです。

今では想像もできませんが、という事で日本の朝廷があった関西の方が実は鍼灸治療が盛んなんです。江戸時代になって徳川幕府が開かれてからは江戸を中心に関東でも漢方薬や鍼灸・あん摩治療、蘭学(西洋医学)が普及してきた歴史がありますが歴史の長さではやっぱり関西のほうが歴史が長いんですね。

また一部の大名やお殿様には漢方薬の医者、鍼灸師が仕えていましたので、日本の各藩・各地に漢方薬の医者や鍼灸師が存在はしていたようです。

という鍼灸の歴史もちょっと触れましたが昨日は、身体診察=体表観察という患者さんのお身体の状態、ツボの反応をできるだけ「受け取る」総合練習の実技を行いました。

ペアを組んだ先生は看護師兼鍼灸師という西洋・東洋の医学を学んでいる先生で、お身体の特徴やツボの反応を勉強させて頂きました。小さなツボの反応の診かた、背中や大きな部分の反応の診かたを集中的に反復勉強して、また一歩、名人の先生への階段を上がれたように思います。

また座学講義では睡眠と五臓六腑との関係性、天地自然(大宇宙)と人間(小宇宙)との関係性、一年・四季・一日と人間の生活サイクルとの関連性など東洋医学的な睡眠時の五臓六腑の働きが損なわれると入眠障害、中途覚醒、嗜眠(ずっと眠い)、夢を見るなどの症状が出たり、天地自然、四季と人間の生活サイクルが互いに影響するので日常生活の養生の大切さも改めて学ぶことができました。

最終の講義は「奇経八脈」についてという非常に難しい講義でしたが講師の先生が、非常に分かりやすく丁寧に抗議してくれたおかげでシッカリと学ぶことができました。この「奇経八脈」というのは人体を構成する12経絡という気血水の通り道とは別の人体を補助する連絡通路という様な位置づけの気血水の通り道で、上級レベルの鍼灸師の先生が上手く鍼をすると大変大きな効果が期待できるという、素晴らしい補助連絡通路なんですね!

私も鍼の治療で使うのですが、まだまだ上級レベルの先生方の治療効果と比べると、もっと勉強して治療効果を高めないといけないと思うとともに、更に基本を深めてもっともっと東洋医学の基本を自分の身体に吸収しようと思いました。

そして帰りに大型書店で「奇経八脈考」という書籍を購入して栃木に帰ってきました。

昨日の講義や勉強を活かして、また患者さんの症状を少しでも早く改善できるように治療に励みます!

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。 

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP    http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一