笑顔・前向き・発散・行動 が症状改善のカギ 2

みなさんこんにちは。
栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今日は日中は晴れて穏やかな天気でしたが、午後からは曇り空になり夕方からは雨になりましたね。私はどんな天気でも基本的には良いほうに考えるようにしています。天気や気象を変えるほどの「能力」はないので与えられた天気や気象の自分に都合よく解釈しています。

ですので日中は穏やかで患者さんの治療着や治療タオルが良く乾きましたし、夕方からは冬らしく寒さが厳しくなり、暗くなってからは恵みの雨で潤いが出てきました。

みなさんも天気・気象だけでなく「ものごと」の良い側面を捉えてご自身に都合よく考えてみると、心が楽になりますよ。

今日のブログは「笑顔・前向き・発散・行動 が症状改善のカギ」の2回目で“前向き”について書いていきます。ちょうどという訳ではないのですが、今日の天気の話の「自分に都合よく解釈する」「ものごとの良い面を見る」などに通じる考え方ですね。

天恵堂の患者さんでも物事を「後ろ向き」に捉える方と「前向き」に捉える方がいらっしゃいますが、症状が早く改善したり、治療効果や結果が良い方は「圧倒的」に「前向き」の方が多いです、もちろん病気・症状の深さや強さにより治療回数や期間は異なりますが、多くの患者さんを診てきていると前回の「笑顔」と同様に「前向き」に物事の良い面を考えたり捉えたりすることが症状を早く改善するカギになります。

しかし!前回の「笑顔」の回でも書きましたが、症状が強ければ強いほど「笑顔」も「前向き」にもなりにくいんですよね・・・。

今は元気な私でも時には落ち込むこともありますし、予期せぬ悲しい事や辛い事も起こりますが、そこを!何とか無理矢理でも、こじつけでも良いので「前向き」に考え「言葉」に出すようにしています。

私が読んだ本には以下の言葉が書いてありました。「ははぁ~ん、神様はオレ(私)を試してるなぁ~、これは!」「想定の範囲内だ」「大変は大きく変わるチャンス!」「こんな凄い辛さ(経験)を乗り越えたオレ(私)ってメッチャ凄いな」などなど前向きな言葉に出してみて下さい。

非常に大変な状況でも、苦しくても、そういう状況だからこそ!鏡に向かって、作り笑いでも、ビビってても、言葉に出してもらいたいと思います。

言葉は言霊と言うくらいですし、自分の言葉は自分の耳に入り脳に情報を伝えます。鏡の笑顔は眼から脳に情報を伝えます。聴覚と視覚に良い情報を与え続けていけば少しずつ少しずつ前向きになりますよ!

お金もかかりませんし、良い効果が出ればもっと思考も身体も健康になりますから是非お試しください。

そんなあなたにお薦めなのが「ネガポ辞典」です。書籍もありますが携帯のアプリにもなっているようです。

私も買おう買おうと思いつつまだ買っていません。今度買ったら治療院の待合室に置いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。 

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP    http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一