肩こり・腰痛・PMSの女性の患者さんに喜ばれます 2

みなさんこんばんは。

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

昨夜から風が非常に強く冬らしい天気になりましたね、昨日は私がお世話になっている佐渡島の方と連絡を取りましたが佐渡島や日本海側は物凄く天候が荒れているとのことでした、栃木は吹雪などが無いのでまだまだ過ごしやすいのかもしれません。

また今週から非常に強い寒気に覆われるので寒さと冷えが更に厳しくなります、ということは朝晩と日中の寒暖差も大きくなる可能性が高いですから、みなさんも体調管理には十分ご注意ください。

みなさん、いつもブログをお読みいただきありがとうございます。前回のブログをお読みいただいた方へ、本日のブログの内容は初めて見る方もいらっしゃるので、「お米のホットパック」の作り方・設計図以外は昨日と同じ内容になりますのでご了承ください。

ちなみに「手抜き」をしているわけではなく、すき間時間を活用して勉強したり、院内設備を整えたりする時間にあてているんです、どうしても一人治療院なので時間や作業のやりくりをしておりますので、ご理解の程、宜しくお願いいたしますm(__)m

本日のブログは昨日に引き続き、天恵堂の患者さんOさんから「ぜひ教えてほしいです!」というリクエストがありましたので、リクエストにお応えして天恵堂で使っている「お米のホットパック」の作り方と市販品の情報をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ホットパックというのは、お身体を温める道具で、医療用のもの、ジェルや発熱素材を袋に入れて加熱したものや、市販のものでは「あずきのチカラ」(桐灰化学さん)があるのです。

「あずきのチカラ」桐灰化学さん アマゾンさんの評価が非常に多く、高いです。

http://www.kiribai.co.jp/products/category/detail.html?pr=9

実はこの「ホットパック」一般のご家庭でも作れるんですよとを患者Oさんと話していたら「ぜひ教えてほしいです!」という事になりブログに書くことになりました。

一般の方だけでなく闘病されていた故・小林麻央さんも利用されていました。

小林麻央さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

小林麻耶さんのブログ お守りと玄米カイロの事がかかれています。

https://ameblo.jp/kobayashi-maya/entry-12222287555.html

自然カイロ玄米ホットパック → 前半の広告が邪魔ですが下の方に詳しい説明があります

https://item.rakuten.co.jp/goodmall/r1129gm/

お米のホットパックの効果としては、肩こり、腰痛、冷え性などの慢性的な症状に対して、温熱効果で血行を促進させ痛みや症状が緩和されます。また生理痛も緩和してくれます。また冷え性の足や身体を部分的に集中して温めてくれるため就寝時に眠りやすくなります。

また30分ほどで自然に温度が下がっていくので低温火傷の心配が少なく安全性が高いのも嬉しいです。
東洋医学では氣・血の渋滞があれば痛みや冷えが起こりますよと昔から言われているので、温めることで氣・血の渋滞が改善すれば痛みや症状が緩和されると昔から考えられています。

以下に天恵堂で使用している「お米のホットパック」の設計図を出しますのでみなさん作ってみてはいかがでしょうか?ご自分だけの世界に一つだけの「マイ・ホットパック」になりますよ。

作成する時間がない方は、クリックするだけで買えますので我慢せずクリックすると良いと思います。
辛い肩こり、慢性腰痛、冷え性、生理痛で困っていらっしゃる方が、みなさんの周りにいらっしゃったら教えてあげると喜ばれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

腰やお腹、足など用お米のホットパック

材料:生地は厚めの方が丈夫で長持ちします。お米は約1キロです。(白米・玄米・あずきでも可)お薦めは粒が細かく身体にフィットするお米・玄米が気に入ってます。

作り方

1:最初に左右、下辺、中央(縦)、また半分の半分(縦)を縫いましょう。

2:次に1マス130グラム数のお米、玄米を入れて、中央(横)の部分を縫って閉じていきましょう。

※手間がかかりますが小分けに縫っていかないとお米が偏ってしまい使いにくくなります。

3:最後に残った上辺を縫えば終了です。

プラス・アルファで一回り大きめの「カバー」を作っておくと洗濯できて清潔に利用できると思います。

使用方法:

電子レンジ700ワットで2~3分程度を目安に温めてご使用ください。

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一