うつ・気持ちの沈み 自律神経 冬

みなさんこんばんは。

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今日も朝から厳しい寒さの一日になりましたね。さすがに「清々しい寒さ」というより「顔が凍りそうな厳しい寒さ」という方がピッタリですね。厳しい寒さと強い乾燥で風邪をひく方が多くなっていますし、慢性化した症状が悪化する方が増えていますので、みなさんくれぐれもお身体を冷やさないようご注意ください。

朝のブログでは「冷え・のぼせと自律神経」のブログを書きましたが夜は、うつや気持ちの沈みと季節、自律神経についてブログを書いてみます。

みなさんは冬になると「気持ちが沈んだり」「やる気が起こらない」という事はありませんか。

実は人間も「動物」ですので季節の影響を受けるんですがご存知ですか。(植物も季節の影響を受けますが)

冬は当然、寒さが厳しくなりますから汗をかいて身体を冷やさないように毛穴を閉じたり、血流を調節したり、血圧の調整も自律神経が関連する働きなんです。

ペットで犬や猫などを飼われている方なら夏毛、冬毛に生え変わる事をご存知だと思います、人間は毛が生え変わったりしませんが、当然、人間も動物ですので影響を受けているんです。

冬の養生・セルフケアでは昔から「早く寝て、ゆっくり起きる」とされており夜は陰陽の陰の時間であり、冬は陰陽の陰の季節ですから、睡眠時間を長めに取り人体の中の「陰のエネルギー」を養いなさいと教えています。

野生の熊などの動物は冬眠をするくらいですから、人間も少し睡眠を長くとると良いでしょう。

睡眠負債という言葉もありますし、「陰のエネルギー」がしっかりと養われることにより春・夏と陽の季節になった時に健康を保てるようになります。陰のエネルギーを養い蓄える充電期間として前向きに考えましょう!

そして最後に人間の心や気持ちへの影響ですが、元気な人でもやっぱり冬は気持ちが沈んだり、理由もなく落ち込んでしまう事があるんですよね。

理由は日照時間が短くなり夜(陰)の時間が長くなるので気持ちや精神にも影響を与えますし、寒さや落葉なども何となく寂しい印象を視覚に与えますから、どうしても気持ちや心も「陰」的な方向に作用するんでしょう。

さらに冬の寒さは気血の巡りを低下させ痛みを悪化させたり、風邪の原因にもなります(風邪も痛みを悪化させます)ので、慢性的な症状が悪化傾向になったり、年末年始のお仕事やイベントで疲れが溜まったりすると五臓六腑を傷めてしまう事あります。

精神的に不安定な方、不安感がある方、ネガティブ思考の方は更に冬の季節性(寒さ・暗さ・寂しさ)を受けてしまうとどうしても影響を受けてしまい、元気ややる気が出ない、人に会いたくないという事が起こりやすいです。症状が強い方は「うつ病」傾向になってしまいます。

しかも慢性的な痛み、精神的に不安定、冬特有の陰の季節性が重なると、肩こり、腰痛、頭痛、めまいなど自律神経が関係する症状が出てきたり強くなることもあります、また自律神経のトラブルからうつ病傾向になる事もありますので、慢性的な症状が強くなったり、体調が優れない時は、早め早めに治療を受けるなどして十分に注意して冬の季節をお過ごしください。

気持ちの落ち込みや、元気が出ない時は、もちろん東洋医学の治療も効果的ですが、焦らず軽い運動などで身体を動かして身体から元気にしてみたり、思い切り太陽を浴びたり、思い切り深呼吸したりすると、思いのほか身体も心も頭もスッキリしますよ!

私がお薦めする軽い運動は、自転車通勤、30分ほどの散歩、ラジオ体操、買い物や通勤でも少し多く歩く、階段を使う、時折深呼吸を3回するなどです。できる方はドンドン負荷を多くして元気に冬を味わって、少しでも楽しくお過ごしください。

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一