冷え・のぼせは自律神経のトラブル 3

みなさんおはようごさいます。

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

本日も寒いながらも気持ちいい朝になりましたね。今朝は風をほとんど感じませんでしたが防寒と乾燥対策のマスクは外せません。

防寒対策をしていてもむき出しの耳はジンジンして凍てつくような寒さを感じていますのでみなさんも油断せず防寒と乾燥の対策をお願いします。

最近の患者さんは風邪をひいてから体調を崩して戻らない方が多く、また一般の方が治ってると考えても「東洋医学的に風邪」が残っている状態なので慢性化した痛みや症状が持続する傾向がありますので、くれぐれもご注意ください。

本日は3日連続の最後です。「冷え・のぼせは自律神経のトラブル」の続きで最期です。

今日は冷え・のぼせの症状の応急対策と予防改善対策についてブログを書きます。

1 冷え・のぼせ 応急対策 (冷え・のぼせが起きている時)

1:のぼせ・ほてり が起きやすい頭部や上半身を涼しくしましょう。頭部・顔面部の症状が強い方は一時的に冷やすことも症状が緩和されやすいです。

2:腰・お尻から足をしっかりと温めましょう。天恵堂患者さんでも「自分の足が冷えている事に気が付いていない」方が多くいらっしゃいます。下半身を温めて「頭寒足熱」にすると全身の気血の巡りが良くなりますので、結果的に頭や上半身ののぼせが改善されます。

3:深呼吸と伸び、屈伸、スクワット運動、これは深呼吸と伸び運動で副交感神経を活発にしリラックスし身体の緊張を緩め血行を改善し、屈伸、スクワット運動で下半身を動かすことで血行を下半身に巡らせ、筋肉の発熱効果で下半身を温める効果でのぼせ改善効果が期待できます。

4:横になる・臥床するこれは可能な方しかできないのですが、冷え・のぼせは下が冷え、上に熱があがることで起こりますので、立位・座位の為、頭部や上半身に熱が上昇し起こると考えますので、横になる・臥床することでのぼせている頭と冷えている下半身の「高さを揃える」ことで上下差が大きく改善されるので全身の気血の巡りが改善されますのでのぼせの改善が期待できます。

5:汗をかいたらしっかりと拭き身体を冷やさない、これは発汗してしまいその後、身体が冷えてしまい風邪をひかないようにするための対策で冷え・のぼせだけでなく風邪を併発してしまうと冷え・のぼせだけでなく他の慢性症状も悪化する傾向が強いのでしっかりと汗を拭きとりましょう。

2 冷え・のぼせの予防改善対策 (日常的注意)

1:下半身・腰・お尻・足をとにかく温める「頭寒足熱」を心がけましょう、ご自分の手で足を触ってみて足の方が冷えていれば「上熱下寒」で冷え・のぼせの傾向が強いですので、下半身を温めることを心がけてください。

2:のぼせるからと言って「上半身を冷やし過ぎない」ようご注意ください、お部屋、お店、会社、電車など様々な環境の中で生活をされていると思いますが、熱いのぼせるからと言って、特に首から肩に寒さを感じる様な服装を控え、マフラーや帽子など温度調整を行いやすい服装で快適な状態を自分で創りましょう

3:散歩、軽いジョギング、下半身の筋トレなどを定期的に行い全身の血行を良くしましょう、車社会では特に下半身を使わず「鈍って、弱っています」のでドンドン衰えてしまっています。ですので散歩やジョギング、筋トレで熱産生能力を高め、散歩・ジョギングで全身の血行を良くし、下半身を温められるよう心がけましょう。

4:身体・五臓六腑に熱や冷えを溜めるものを食べない・飲まない お肉類、お酒、味付けの濃い物、辛い物は身体・五臓六腑に熱を生み出しのぼせを悪化させます。また冷たい物、アイス、氷、生もの(お寿司、サラダなど)は身体・五臓六腑を冷やして気血の巡りを悪化させますので、野菜や魚、大豆、海藻、山芋類などをバランスよく採り、お鍋や煮物など身体・五臓六腑を冷やさないよう調理すると良いでしょう。※香辛料・生姜など辛味のあるものは温熱作用と一定の氣を巡らせる働きがあり、発汗を促し熱を冷ますように働きますので少量を上手に使うと「薬」になります。

5:定期的なケアはお身体の気血の巡りや慢性的症状を改善し身体的・精神的な緊張を緩め自律神経を整えられるので、とても有効です「大事」になってからでは、「いつも通り」に回復するにも時間と費用が掛かり、お仕事や日常生活、やりたい趣味や活動も制限されてしまい「心や身体、経済的・時間的な損失」が大きくなってしまいますので、お身体の事を分かっていらっしゃる先生のもとで定期的な治療・ケアを受けられると更に良いでしょう。

上記の事を意識してお過ごし頂くと「冷え・のぼせ」が起きた時の応急対策や予防改善になりますので、是非、みなさんの日常生活に取り入れて頂き、明るく元気に快適な毎日をお過ごしください。

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一