40代から60代 女性の悩み 冷え・のぼせ 2

みなさんおはようございます。

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今朝も朝日が気持ちよく、風も強くなく穏やかな朝ですね。しかし今日は少し寒さが強いせいか自転車をこいでいても顔と耳がジンジンするほど寒かったです。みなさん今日も良い一日を過ごしましょう。

本日も北日本・北海道では強い寒波の被害が出ているようです、被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。また本日も引き続き天気が荒れる予報になっておりますので、北日本・北海道の方はくれぐれも用心してお過ごしください。

本日も昨日に続き「40代から60代 女性の悩み 冷え・のぼせ」という事をブログに書きたいと思います。

これはけっこう多くの40代後半から、更年期症状(冷え・のぼせ・他)を訴える患者さんから相談やお話しを聞くのですが、「ある時」「急に」「頭・上半身に」「大量発汗」が起こる、そして「発汗でインナー、服が濡れて身体が冷える」「風邪をひく」という事です。
みなさんはご経験ありませんか?

この原因は「身体の冷却水不足(陰虚)」「身体に熱が籠る(内熱)」「運動不足(熱発散不足)」「上半身と下半身のアンバランス(上熱下寒)」「加齢による五臓六腑の衰え」「季節・外気・エアコンの影響」「高機能インナー」などが複合的に組み合わさって起こります。

ですので、みなさんが「のぼせる・大量発汗する」状況を確かめる必要があります。

いつもお伝えしていますがみんさんお一人お一人「個人差」がありますので、「同じ現象・症状」が起こったとしても「起こる時間・タイミング」「起こる状況」「環境」「身につけている服」は千差万別ですので、より正確にお身体の状況を確かめる必要があります。

概ね、「身体の冷却水不足(陰虚)」「身体に熱が籠る(内熱)」「運動不足(熱発散不足)」「上半身と下半身のアンバランス(上熱下寒)」「加齢による五臓六腑の衰え」などは同じ症状で悩まれている方に共通しているのではないでしょうか。

少し説明していきます。

「身体の冷却水不足(陰虚)」「身体に熱が籠る(内熱)」「運動不足(熱発散不足)」までは昨日、説明しましたので「上半身と下半身のアンバランス上熱下寒」から説明していきます。

関連する部分がありますので、先日、紹介した図(板書)を添付しておきます。

「上半身と下半身のアンバランス(上熱下寒)」

これは文字通り、上半身に熱が盛んになり、下半身では熱が少なく冷えてしまうという事です。

起こりやすい症状は、上半身はのぼせ・めまい・頭痛・肩こり・上半身の発汗・イライラしやすい・みぞおちのつかえ感などが起こります。

原因は

頭部・上半身の活動が非常に多い事と精神的ストレスにより、頭脳、心(胸・心の臓)に負担がかかり、それに対応する為に活発に活動する為に熱が生まれます。自動車でいえば「アクセル全開」状態で、脳・心(精神・情緒)の活動は非常に活発にも関わらず「身体事態の運動量」が非常に少なく「熱放散」ができない。

西洋医学的にみても活動すると細胞が活性化しサーモグラフィで発熱が検知されますね。その熱が発散できていない状態です。

上半身とは逆に、下半身は「運動不足・活動不足」の方が多く筋肉や骨が弱ってしまい熱産生能力が低下する、運動不足により「筋ポンプ作用」が働かず血流が低下することにより特に下半身の冷えが悪化します。また「五臓六腑の衰え」も関係してきます。

「加齢による五臓六腑の衰え」

これはもう「養命酒」の宣伝でおなじみですね。女性は7の倍数、男性は8の倍数で成長・老化が進んでいきますので、女性なら7×7で49歳前後から更年期症状が出始めます(個人差があります)

五臓六腑が全体的に衰えるのですが、中でも顕著なのが生殖に大きく関与する「腎の臓」です。腎の臓は「水」「精を蔵す(生殖・発育)」「骨」「歯」「腰」「二陰(大小便)」「髪」「耳」に大きく関わります。

ですので「水(陰)」が衰えると人体全体を考えた時に「冷却水不足」になります。「精を蔵す」閉経などが起こり、加齢とともに骨や歯が弱くなり、「髪」がパサつく、薄くなる、白髪が目立ち、「耳」が遠くなる、「二陰」の衰えは夜間尿・尿もれに関連してきます。

原因は主なものは加齢ですが、日常生活の不摂生(夜更かし、睡眠不足、昼夜逆転)過労、房事過多(性交過剰)などです。

みなさんには当てはまるものはありましたか、次回は現代特有の原因「季節・外気・エアコンの影響」「高機能インナー」についてお伝えしていきます。

お辛い症状でお困りのみなさん!本格的な冬に入り寒さが厳しくなっていますのでくれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。

風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一