インスリンの自動注入も可能に?

みなさんこんばんは。

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

あけましておめでとうございます。

2018年の天恵堂は本日より本格スタートです。

みなさんにとって新しい一年が健康で幸多い年になることを心より願っております。

天恵堂は一人でも多くの方が健康で快適な生活を過ごせるように更に精進して参ります。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

本日は「インスリンの自動注入も可能に?」というニュースがありましたのでブログに書きたいと思います。

天恵堂の患者さんにも血糖値を服薬によってコントロールしている方がいらっしゃいますが、服薬、運動、定期的な治療、食事管理など養生に努められていらっしゃいますので、人数は少ないですが概ね改善している方ばかりです。

でもみなさんは「糖尿病」は非常に怖い病気だという事をご存知でしょうか?

江戸時代は「糖尿病」=「贅沢病」でお金持ちの証拠だったんです。

それほど庶民は質素で慎ましい食生活であり、上級武士やお金持ちはお酒や甘味、炭水化物など糖質の多い食生活ができたという事です、上級武士やお金持ちは運動する必要もありませんから糖代謝能力が低い事も要因だと思います。

話がそれましたが糖尿病の「何が怖いのか」という事なんですが、

みなさんもご存知のように糖尿病は血液中の糖分が高い状態「高血糖」が持続することで、尿からも糖分を多く排出するので「糖尿病」と名付けれました。

では「血糖値が高い」とどうなるのか?

高血糖状態が持続され動脈硬化となり「血管がボロボロ」「高血圧」「詰まりやすくなる」ということが引き起こされます。

更に「血管がボロボロ」「高血圧」「詰まりやすくなる」とどうなるのか?

太く大きなものから細く小さな血管まで「正常に血液や栄養を送ることができない」状態になり、神経や内臓を損傷してしまうので、「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症(目)」「糖尿病腎症」や血管が詰まって「脳梗塞」「心筋梗塞」「糖尿病性足病変」「認知症」など非常に重大な病気に直結してしまいます。

また一部では精神的ストレス、肉体的ストレス、生活の質の低下により「うつ病」「がん」との関連性が指摘されることもある、それほど怖い病気なんです。

糖尿病は1型と2型の2種類あります。

1型は小児に多く自己免疫の異常により血糖値を下げるホルモン=インスリンを分泌する膵臓の細胞が破壊されてしまう事により、体内で血糖値を調整できなくなってしまうもの

2型は遺伝的な体質や、身体の細胞の糖代謝能力の低下、暴飲暴食、運動不足などの長年の生活習慣により体内で血糖値を調整できなくなってしまうもの

私が治療をしてきた患者さんでは1型の方、2型の方を治療をさせて頂きましたが、上記の要因のほかに「大きなストレス」が関係していると考えております。

1型の患者さんでは小児期にウィルスなどに感染し自己免疫が暴走し膵臓の細胞が破壊されてしまい1型糖尿病を発症し人工透析を受けていらっしゃった方、阪神大震災の時の災害復興の為、発生当時より甚大な被害と極寒の被災地で作業されていた方

2型の患者さんでは、年齢が5、60代以降、運動習慣が無く、濃い味・油濃い食事、大食、飲酒、肥満傾向の方が典型的ですが、若い方でも、遺伝的な体質、ストレス、過食、昼夜逆転生活(交代制勤務)、運動不足で発症されたという方もいらっしゃいます。

少し前には清涼飲料水(ジュース)とファーストフードの過剰摂取、運動不足で糖尿病予備群に入ってしまう小学生の存在もテレビなどで話題になりましたね。

医学の進歩により症状を緩和できたり、治療が簡単になっても、病気そのものが治ったり、体調の変化による不調・不快な症状が解消されるわけではありません。

人工透析まで進行してしまうと、仕事、生活、趣味、食事などの活動に制限が加わり、今まで通り同じ世界に存在しているのに生活が激変し「生活の質」「人生の内容」も強制的に変わらざるを得なくなってしまいます。

最優先は病気・病気予備軍にならないことです!

そのためにご自身の健康・好調は「あなた自身」でしか手に入れることはできません。

お正月気分が抜けたらスイッチを切り替えて、規則正しい生活、定期的な運動、野菜・魚中心の食事で腹八分目、ストレスは上手く解消・やり過ごす、定期的な治療で肉体を整えるを心がけてはいかがでしょうか。

「インスリンの自動注入も可能に?」朝日新聞デジタルより

https://www.asahi.com/articles/ASKD07472KD0UBQU00B.html?iref=com_apitop

「糖尿病を本当に知ろう」DM TOWNより

http://www.dm-town.com/oneself/know04.html

お辛い症状でお困りのみなさん!いよいよ間もなく「寒の入り」で寒さが厳しくなっていますのでくれぐれも、お身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。

風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一