2018年 砂糖税が導入される

みなさんおはようございます。

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今朝も寒さが厳しくても風がなく穏やかな朝になりましたね、まだまだお正月気分が抜けませんが二十四節季では今日から「小寒」となり、「寒の入り」で寒さが一年で一番強くなる時期です。

寒さはこれからが本番で池や川の水も厚さを増します、この寒さは本日「小寒」から「大寒」へと強くなりますのでみなさんも体調には十分お気を付け下さい。

今日は健康に関する「税金」の話を聞きましたので、面白いと思いましたのでブログに書きたいと思いまうす。

みなさんは「砂糖税」という「税金」があるのをご存知ですか?

もちろん日本ではなくイギリスでの「税金」なんですが、今年から導入予定となっています。

現在は「糖質制限」の有効性が科学手根拠で示され始めておりますので、ジュース、お菓子など砂糖(糖質)を大量にとりすぎてしまうと健康に有害であるということで、)過剰な取りすぎを抑止することと、糖分の過剰摂取で肥満や病気になってしまった人の改善プログラムの資金にするというのは理にかなっており、健康を促進し肥満や糖質過剰摂取による病気を減らし、医療費も削減する効果が期待できそうですね。

また健康に気をつけている方、知識層の方は、「健康に良い」食べ物、運動、習慣、ケア・治療、を積極的に取り入れ、「健康に良くない」「有害」なものはどんどん止めている方が多いです。

これについても正直「科学的根拠」があるものを正しく判断して見極めたうえで実践している方が多いのですが、中には「ご自身の体質」を考慮せず、「~~には△△が効く」とか「※※ダイエットが効く」などの一時の流行りに乗ってしまう方もいらっしゃいます。

以前にお伝えしましたが「建設的な批判の目」を持ち、正しい判断を下すことが大切ですね。

話は「砂糖税」に戻りますが「たばこ税」と同様に健康促進や医療費削減などには効果がありそうですが、一方で飲食関連には影響が出るという理由で反対意見もあるようです。

一応、私は条件付きで賛成です。昔からある和菓子、和三盆糖、食べ物など日本の文化に繋がる砂糖への課税は日本の文化の衰退につながり困りますが、ジュース、お菓子などへの砂糖税を導入するのは良いと思います。

できれば人工甘味料や保存料など「有害性」が指摘されているものへは厳しい規制をかけて、国民の口に入らないようにし、国民の健康をどんどん増進・促進させる政策をとってもらいたいですね。

「”砂糖税”、2018年にイギリスで導入へ 「手ぬるい」「仕事がなくなる」議論に」HUFFPOSTより

http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/18/uk-sugar-tax_n_11598934.html

その他、参考までに

「米で“ソーダ税”導入、炭酸飲料課税で肥満は減るか」ダイアモンド・オンラインより

http://diamond.jp/articles/-/106879

お辛い症状でお困りのみなさん!今日から「寒の入り」で寒さが厳しくなっていますのでくれぐれも、お身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。

風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っています。
みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす熱血院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一