首・肩こり 首すじゾクゾク 風邪 このツボ!!

みなさんこんばんは。
栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

いつもは朝からお昼休憩までにはブログを書いているのですが、本日は昨夜からの大雪と往診、治療院前の雪かき、患者さんの治療、消防署の点検とまぁ、朝から午後まで大盛況でブログを書けませんでしたので、今、書いてます。

みなさんは大雪のトラブルや被害はありませんでしたか?天恵堂では往診車はスタッドレスですので問題なく活躍してくれましたが、大雪になることが多くないので雪かき用スコップがなかったくらいですかね!?

それにしても朝の往診中の小山市はまぁそれは凄い銀世界で新潟にスノーボードでもやりに行っている気分になりました。

他では患者さんもみなさんこの状況でもしっかり治療を受けに来てくれて、大寒と大雪の寒さにもかかわらず悪化せず好調を維持されていて一安心です。
まだまだ細い道や路地では雪が残り路面が凍結していることも予想されますので、みなさんも十分に備えてご注意ください。

そんな本日のブログは肩こり・首こり、風邪のひき始め、首筋のゾクゾクする冷えに効く経穴(ツボ)をご紹介します。

風邪をひいてしまったときは、まず首筋や肩周囲がゾクゾク冷えたり、身体が冷えてしまって風邪をひき、くしゃみ、鼻水、倦怠感、頭痛、発熱、喉の痛み、高熱、関節痛、食欲不振など徐々に症状が進んでいくことがほとんどだと思います。

そんな時、鍼灸師として私が患者さんや自分自身につかう経穴(ツボ)があります!
その経穴(ツボ)は「大椎(だいつい)」です。

この「大椎」は陽(氣)の海である督脈(とくみゃく)という経脈で女子胞(胞宮・子宮)から発生し、背骨を上にあがり、おしり、腰、背中、首、頭を通り上の歯茎まで続く経脈にあり、しかも、陽の氣が流れる3つの陽の経絡も交わる経穴(ツボ)で正に陽の氣が集まる経穴(ツボ)という事になります。※3つの陽の経絡(太陽経、陽明経、少陽経)

なのでこの「大椎」の辺りを冷やしてしまう事により風邪をひいてしまいやすくなるんですね、そしてその風邪のサインが「首すじのゾクゾク」「肩周囲の冷え」になるんです。この時点で一般の方は鼻水やくしゃみ、頭痛、発熱がなければ「寒いなぁ」「冷えるなぁ」で終わってしまって、しばらくしてからくしゃみ・鼻水・頭痛がし始めて「風邪をひいた」という事になります。

でも東洋医学では「首すじのゾクゾク」「肩周囲の冷え」の時点で脈や経穴(ツボ)や舌、お腹の反応の変化を診て「風邪をひいたな」という事を判断していますので、適切な対応を先回りして取ることができるんですね。

その時に比較的よく使うのが「大椎」という経穴です。

場所は第1胸椎棘突起と第2胸椎棘突起の間になりますが、ザックリと言うと「首と肩の付け根」で足元を見るように顔を下に向けた時に一番出っ張る背骨のところという事になります。

今は大寒でしかも節季に違わぬ強烈な寒波による寒さで、お身体も冷えてしまいます。またお身体が冷えてしまうと首、肩こり、頭痛、などの症状も悪化しやすく、寒さによる過剰な緊張により自律神経にも悪影響がありますので、みなさんも是非、「大椎」を暖めて快適にお過ごしください。

また快適だけでなく首、肩こりの予防、改善にも効果がありますので、ストレッチと組み合わせて行ってみて下さい。
これは本当に効きますよ!!

実際の暖め方は、入浴中にシャワーの温度を1度上げて2~3分温める、お風呂から出る直前に湯舟の中で温めると効果的です。
また以前ご紹介した「お米カイロ」「ホットパック」「あずきの力(商品名)」は電子レンジで何度でも使用でき、エコで効果も高いので非常にお勧めです。必ず一人に1つ持っていてもいいと思うくらいお勧めしています!!
もっとお手軽なのは使い捨てがエコロジーではないのですがホッカイロは外出時の緊急対応としても利用できるのでお手軽さでは1番です。

現時点での私のお薦め方法は
1:お風呂で入浴中に首肩コリのストレッチをする
2:お風呂を出る直前に湯舟で大椎にシャワーを当てて十分に暖める
3:湯冷めしないように気をつけて、「ホットパック」「玄米カイロ」などで暖めながらゆっくり過ごし、就寝する。
というのが私が大絶賛する方法ですのでお試しいただければ嬉しいです。

是非、みなさんも気軽な経穴(ツボ)の働きを使って寒さによる風邪・風邪のひき始めと慢性的な首こり・肩こりを予防していきましょう!

辛い症状でお困りのみなさん、すでに「大寒」に入り寒さが厳しくなっていますので、くれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。

風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

なさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、
栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす院長でした。
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一