家 職場 環境による悪化 のぼせ 花粉症

みなさんおはようございます。

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今朝も顔も手足もジンジンする寒さですが風もなく朝日が気持ち良い朝になりましたね!

本日は用心して自転車ではなく車で通勤しましたが少しでも自然を味わおうと窓をすべて全開にして通勤してきました、もちろん身体は自転車通勤と同様に完全防寒です(笑)ほんとに寒くてハンドルも非常に冷たいので車の中でも手袋をしてきました。

通勤途中の道路ではまだまだ路面凍結が残っております(明らかな氷の塊とか)徒歩、自転車、バイク通勤の方やジョギング、お散歩の際は十分にお気を付け下さい。うっかり転倒して骨折や捻挫という事もあります、大怪我をしてしまうと、金銭だけでなく健康、時間、お仕事、後遺症など様々な損害が出てしまいますので今日も安全第一でいきましょう。

そんな寒さが厳しい本日のブログは家、職場など生活環境による症状の悪化についてです、これは首肩こり、花粉症、のぼせなど様々な症状で悪化する傾向が強い環境についてお伝えします。

みなさんは「頭寒足熱」という言葉をご存知でしょうか?これは中国の易経(四書五経の1つ)で当たるも八卦当たらぬも八卦でおなじみの易から生まれている言葉で、もともとは「地天泰」というもの由来です。

地=陰・冷が上にあり天=陽・熱が下にある状態が泰=安泰であるという事を意味しています。

陰・冷が上にあれば冷房の空気と同じで冷たいものは下に降りてきます、逆に陽・熱はお鍋の湯気と同じで上に上に上昇します、これが自然の法則です。

これは自然界でも同様で冷たい雨雲が冷えると雨や雪となって大地に降りてきます、逆に太陽で暖められると海水が蒸発して雲になります、そして大地や海(陰・冷)と天・空(陽・熱)が交流し循環している姿が正常で安泰な現象であることを示しています。

これは宇宙・地球という大自然の中にいる動物・植物、人間にも当てはまります人間も大自然に含まれる小自然という考え方ですから、人間も地天泰(=頭寒足熱)であれば健康で過ごせるという事を教えてくれます。

みなさんもご経験があると思いますが、足湯や床暖房が気持ち良く、快適なのは「地天泰=頭寒足熱」の状態になっているからです。

しかし逆に「冷え・のぼせ」(=上熱下寒)の状態で上が暖められ下が冷やされてしまうと、自然界の法則に従って、暖かいものは更に上昇し、冷たいものは更に下降するのが正常ですので、正常な上下(上半身と下半身)の交流・循環をすることができなくなり、のぼせや肩こり、花粉症(上半身の症状)もつま先や足腰の冷え(下半身の症状)もドンドン悪化してしまうんです。

みなさんも「ちょっとした」生活環境の工夫で快適な生活がおくりやすくなりますのでご参考になさってください。

辛い症状でお困りのみなさん、「大寒」に入り寒さが厳しくなっていますので、くれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。

風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、

栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を燃やす院長でした。

天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一