花粉症の対策 アドバイス

みなさんおはようございます

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

本日は朝から東京駅の近くで8時間の集中セミナーに参加して、しっかり勉強してきます。

そんな今日も花粉注意報が出るほど花粉が多いというニュースがありますので、私が実際に行っている「花粉症の対策 アドバイス」をブログで書きたいと思います。

この前は私なりの「花粉症がなぜ起こるのか?」という事をブログに書きましたが、今回はそれについての私なりの対策やアドバイスを説明していきますので、よろしければご参考になさってください。

1:身体の上下のバランス・氣の巡りが狂った状態である(上熱下寒、足冷え・頭のぼせ)

通勤や通学中も含めてなるべく上半身は風通しの良いもので、温度調節ができるように脱いだり着たり出来るものを着用する、下半身はまだまだ寒い日があるので冷えないように防寒対策をする。

立春を過ぎると日中が温かくなり、温暖化の影響もあって暑さを感じる事もありますから、なるべく快適に過ごせるように着脱しやすい洋服が良いと思います。

氣の巡りを良くするにはストレッチも効果的です。

 

2:春の季節(陽の季節の中でも陽の氣が強い季節=陽中の陽)※夏=陽中の陰

季節については、対策のしようがないですね。

 

3:午前中の時間(陽の時間の中でも陽の氣が強い=陽中の陽)

満員電車は暑苦しく、ストレスも非常に強いですから「早朝出勤」「時差通勤」などで暑苦しさやストレスを少しでも軽減すると良いのではないでしょうか。

 

4:PC、スマホ、タブレット、デスクワークなどで過剰な上半身での労働でオーバーヒート傾向(熱)

現代はPC、スマホ、タブレット、ゲームに触れる機会が非常に多いですし、デスクワークの方はなおさらですから、お仕事以外ではなるべく利用を控えることが望ましいと思います。

 

5:運動不足、特に上半身と比べて下半身の運動が極端に少ないのでアイドリングストップ状態(冷え)

散歩、スロージョギング、下半身の筋トレ、階段を利用する、一駅歩くなど工夫次第で下半身の運動になりますから、少しずつでも生活やお仕事の合間に組み込んでいきましょう。

なるべく下半身の運動を取り入れてお身体全体の氣の巡りを良くするように意識してみて下さい、また下半身の筋肉がつくと筋肉自体が大きいのでカロリー消費が増えて痩せやすくなりますよ!

 

6:実は風邪をひいている(東洋医学的な風邪)※花粉症の症状と混同し自覚していない

これも実は気付いていないだけで、けっこういらっしゃると思います。

あくまで私の経験上では「花粉症の症状が大爆発」している時は「東洋医学的に風邪」をひいている事が多かったですし、花粉症だと思っていなかったときは「急にひどい風邪」をひいた!と思い「総合感冒薬」を飲んで安静に横になっていると不思議と症状が落ち着いていました。

それはそうですよね!風邪をひく事により、自覚していなかった花粉症の症状と合わさり「風邪+花粉症=W症状」だったのを「総合感冒薬」で風邪症状を抑え込めば、残るのは花粉症の症状だけですから単純に症状が半減しますよね。

これは個人的な見解ですが「一つの可能性」として「花粉症」と「風邪」が併発している可能性があります。

これ以上の事は、みなさんご自身でご判断なさって下さい。

 

7:症状が強く表れる頭顔面部は人体の中では頂上になり「陽中の陽」に該当する。

とにかく顔を洗う、花粉を洗い流すなどを行うと良いでしょう。冷水で洗う事で冷却効果も期待できますのでお薦めですし、眼を洗うアイボンなんかも良いでしょう。

※お化粧をしている女性の方は難しいので男性向けかもしれません。

 

8:ストレス社会でお身体全身の氣の巡りが悪くなっている、またストレス発散不足(間違った発散法)

出来ればですが上半身と下半身のバランスを整えるという意味でも私が行っているスロージョギングや大股の散歩、下半身の運動で軽く汗をかくような運動を推奨しています。ヨガも氣の巡りを良くしてくれます。

 

9:暴飲暴食や不規則な生活習慣

お酒、肉類、濃い味付け、甘味、大食を控えて腹八分目、早寝早起き、適切な睡眠時間が望ましいです。

 

10:天井から吹き付ける温風エアコンがのぼせ症状を悪化させる

職場では「どうにもならない事」もあると思いますが、なるべく上半身は風通し良く温度調節が可能な物、着脱可能な物を選び、こっそりホッカイロやヒーターで足元を冷えないように温めて「頭寒足熱」の状態を心がけましょう。

理想的なのは「足湯」ですね典型的な「頭寒足熱」ですから気持ち良くて当然ですね、気持ち良い=精神的にリラックスしている状態ですから、お身体の緊張も弛み氣の巡りも良くなります。

 

異常が私が行っている、心がけている花粉症対策ですが、花粉症でお困りのみなさんのお役に立てれば嬉しく思います。

まだまだ花粉症の季節は続きますので上手に対策を行って、被害を少なく健康を維持していきましょう!

辛い症状でお困りのみなさん、暦では「雨水」を過ぎていよいよ春本番になってきましたが朝晩は寒さが戻る事がありますので、くれぐれもお身体を冷やさないようにお気を付けてお過ごしください。

風邪をひいて元々お持ちの症状も花粉症も悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、

栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一 恵一