「先天性股関節脱臼」が増えている! 赤ちゃんの怪我 

みなさんおはようございます

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今朝もなんとなく肌寒い一日のスタートになりましたね!こういう朝晩の気温差が大きい時は花粉症の症状も強くなる傾向がありますのでみなさんご注意ください。

そういえば、昨年の12月から「耳鳴りが止まらない」という症状でご来院されていた患者さんの事でみなさんにもお伝えしたい事がありましたので、みなさんにも共有して頂きたいと思います。

その患者さんは一昨日、2か月振りに来院されましたが前回の治療(1月末)の時点で耳鳴りもほぼ解消し、趣味のお芝居の鑑賞でも全く問題がなくなったのでしばらく治療期間が空いてしまったようです。

1月から4月の花粉症の時期は本当に体調を崩される方が多くなる時期ですので、大きな体調の悪化もなく毎日を楽しまれているという事でしたので一安心しました。

まじめな患者さんで真面目に定期治療を継続して頂きましたので、耳鳴の解消という結果は普通なので、これはこれで良いのですが、同時に「初診~2診」くらいで「慢性的に発生する片頭痛が無くなり今も発生しなくなりました。」という報告を受けました。

東洋医学は西洋医学と違い「感覚的な要素」が強く大きな割合を締める治療法になりますので、「主訴の変化」=改善した、悪化した、不変だったなどの情報も大切なのですが、「周辺情報・随伴症状・慢性症状の変化」=片頭痛がなくなった、生理痛がマシになった、良く眠れるようになった、などの情報も全身の状態の変化を確認しながら治療しておりますので大変重要な意味を持ちます。

主訴が強ければ強いほど「主訴だけに」注目をしてしまいがちですが、全身状態が改善することにより「周辺症状・随伴症状・慢性症状」から改善し、徐々に主訴も改善するという事もありますので、主訴に大きな変化を感じられなかったとしても、気持ちを荒立てたりせず「周辺症状・随伴症状・慢性症状」を冷静に確認し、「あなたのお身体」を理解してくれる先生に伝えてみて下さい。

治療の大きなヒントになったり主訴を大きく改善させるきっかけになることがありますよ。

そんな本日のブログは「赤ちゃんの怪我」についてのニュースがありましたのでブログでみなさんと共有したいと思います。

「赤ちゃんの「股関節脱臼」後絶たず 川崎医大調査、見過ごし1歳で1割」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00010000-sanyo-hlth

この怪我は骨の発達が未熟な乳幼児に起こる怪我で、昔の栄養状態が良くない時代に骨の発達不全やオムツの締め付け、抱っこの仕方により発生していた怪我です。

そのまま見過ごしてしまうと、脱臼したまま成長してしまうと、「変形性股関節症」に移行したり手術が必要な重症に発展してしまう事もあります。 特に女の子は関節の柔軟性が高く、男女比率は9:1で圧倒的に女の子の赤ちゃんの方が高いですので、ご注意ください。男の子の赤ちゃんでも発症しないわけではありませんのでお気を付け下さい。

正直、このニュースを見て今の栄養状態がとても良い時代で何故、「先天性股関節脱臼」が起こるのか理解できませんでしたが、遺伝的要因のほかに「抱っこの仕方」「オムツの替え方」などの生活環境や日常の習慣が知らず知らずのうちに「引き金」になっていることが指摘されていますので十分にご注意なさってください。

糖尿病(予備軍含む)や高血圧、筋力・骨密度の低下など、痛みや苦痛、不快な症状はほとんどありませんが生活習慣と密接に関連する病気ですし、その悪化により「大病」の引き金にもなってしまいます。

大切なお子様の生活環境や日常の習慣の大切さも同じです。

小さなお子さんがいらっしゃるみなさんの意識が少しでも高まれば幸いです。

辛い症状でお困りのみなさん、暦では「春分」を過ぎて桜の花も咲き始めましたが朝晩は寒さが戻る事がありますので、くれぐれもお身体を冷やさないようにお気を付けてお過ごしください。

風邪をひいて元々お持ちの慢性症状や花粉症が悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、

栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1
パークシティ107
TEL 0285-38-6257
FAX 0285-38-6232
携帯 090-8585-2813
mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com
HP http://tennkeidou.net/
院長 福田 恵一