慢性的な肩こり 一般の方が繰り返す5大原因 その1

みなさんおはようございます

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今朝の小山市は気持ちの良い晴天に恵まれましたが少し気温が低く肌寒い朝になりました。

私は土曜日から日曜日と手技療法の研究会や勉強会が続きましたが荒れ模様の天候でしたが無事に研究会や勉強会をすべて受講し小山に戻ってきました!

そんな本日のブログは「慢性的な肩こり 一般の方が繰り返す5大原因」についてお伝えしたいと思いますので、肩こりで困っていらっしゃるみなさんのお役に立てば嬉しいです。

ズバリ!結論です!

1:悪化する生活習慣を「普通の生活」だと自分勝手に思い込み、気付いていない。

2:肉体疲労・精神的ストレスを放置している。

3:ダメな思考パターンや行動を勝手に「正当化」し、気付かないようにしている。

4:セルフケア(養生)を怠っている・行っていない。

5:適切な医学的ケアを受けていない。

まず「1:悪化する生活習慣を「普通の生活」だと自分勝手に思い込み、気付いていない。」から説明していきます。

これも患者さんの問診を行っていると「多い原因の一つ」ですね、まぁ年齢や世代によっても異なりますが、例を挙げると「夜中の1~2時頃まで起きている」「入浴はシャワーだけ」「スマホ・タブレット・PCを常に操作している」「食事は肉食・濃い味付け・揚げ物などが中心で野菜は食べない」「休みでも外出が少ない」「運動しない・歩かない」などなど悪化する要因が多い生活習慣が本当に多いです。

上記に挙げた例の事を説明すると、

「夜中の1~2時頃まで起きている」

もうこれについてはみなさんもご存知の方も多いと思いますが、昼夜逆転や睡眠時間が少なくなると自律神経に悪影響を与え、お身体が休まらず「自己回復力・自然治癒力」が低下しますので当然、慢性症的な症状は悪化する傾向が強くなります。

またお身体を回復させてくれる「GH:成長ホルモン」は22時~2時頃に多く産生されるホルモンですので疲労は回復せず、肌荒れや老化の原因となりますので、早寝早起きできなくても、なるべく24時前には就寝し6時間以上の睡眠を心がけて下さい。

「入浴はシャワーだけ」

これは特に若い方に多いのですがシャワーだけだとお身体全身が暖まらず特に緊張の強いコリの部分は血流が良くならず、筋肉の緊張も緩和されませんので、辛い症状や状態が継続してしまう原因となります。

本来なら血流によって痛みの物質の停滞が解消され、ビタミンや酸素などお身体に有益な物質が巡りますが、筋肉の緊張、コリが強いという事はそれだけ血管が圧迫された状態が続き血流が悪くなるという事です。のぼせてしまい苦手という方も温度を調節して身体を暖めるように工夫して頂くと良いでしょう。

「スマホ・タブレット・PCを常に操作している」

スマホ・タブレット・PC業務では頭脳労働が中心ですので頭脳が活発に働くと氣血などのエネルギーが必要となり氣血が頭に多く分配され送られます(サーモブラフィなどの画像で熱が生まれているのが分かります)そして長時間、同一姿勢でいることで首、肩、肩甲骨、背中など上半身に症状が出やすくなります。

「食事は肉食・濃い味付け・揚げ物などが中心で野菜は食べない」

これも比較的若い方やアレルギーのある方に多く見受けられますが、肉食・濃い味付け・揚げ物などが多くなればなるほど、身体の中に「熱」が生まれやすくなります。

熱はお鍋の湯気を同じで「上」にしか行きませんから胃腸などの消化器より上に氣血の巡りが多くなりやすい状態になります。

「休みでも外出が少ない」「運動しない・歩かない」

これは若い方から年配の方まで本当に多いですが、全身運動や下半身の運動が非常に少なく、お身体全体を考えた時に上下のバランスが悪く、下半身が非常に弱っていることが多いです。

当たり前ですが自動車で考えても前輪だけが頑張っても、後輪がパンクしていれば、自動車は正常に動いてくれません、これは極端な例ですが人間も同じです。

上半身だけ「アクセル全開の高速道路」下半身は「アイドリングストップで信号待ち」の様な状態だとお身体全体を考えた時にアンバランスなのは一目瞭然ですよね?

車社会の地方都市は「すぐそこのコンビニでも」「ちょっとした用事でも」「すぐ近所でも」“自動車”を利用されます。

どうしても地方都市は「不便」なので「自動車」を利用する必要があり、その必要性は十分に理解し認めますが「極端に過剰な便利さ=何でもかんでも自動車」になってしまうと人間本来の「動物」としての機能を弱らせてしまう結果になります。

これが長期間持続してしまうと「健康の借金」になり、お身体の慢性症状となって現れます。

また慢性症状や痛みが高齢になってから「大きな健康の借金」として出てくると「心も弱らせてしまい」運動やリハビリなどから逃げてしまう方も増えて介護生活などの悪循環になります。

ですので「極端に過剰な便利さ」は控えて軽い運動を行ったり、散歩や歩く事も心がけお身体全身の状態を整えて、下半身を弱らせないように鍛えていきましょう!

長くなりましたので次回に続きます。

辛い症状でお困りのみなさん、暦では「清明」になり春本番になってきましたが朝晩は寒さが戻る事がありますので、くれぐれもお身体を冷やさないようにお気を付けてお過ごしください。

風邪をひいて元々お持ちの症状も花粉症も悪化されている方が増えております!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、

栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

天恵堂治療院

323-0022

栃木県小山市駅東通り2-11-1パークシティ107

TEL 0285-38-6257

FAX 0285-38-6232

携帯 090-8585-2813

mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com

HP http://tennkeidou.net/

院長 福田 恵一