「痛みや身体の事を理解してもらえて嬉しいです」

みなさんおはようございます。
栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

本日は久しぶりの雨になりましたね。二十四節季では「穀雨(こくう)」農作物や草花を潤す恵みの雨という意味ですが、この度の雨は強風や嵐の様な感じではなく正に「恵みの雨」といったところでしょうか。

最近まで4月にも関わらず最高気温が30度を超えるという日もあり地球温暖化の影響が出ておりますので、体調管理にも十分に注意する必要があります、特に気を付けて頂きたいのは小さなお子様とご高齢の方です。

朝晩と日中の最高気温との差が大きくなれば当然、「風邪」をひきやすくなりますので風邪の症状、重症化すると肺炎の危険性が高まりますし慢性的な症状も悪化しやすくなります。

もう一つは「熱中症」です、お子様はまだ身体の機能が未熟なため、ご高齢者は老化と運動能力の低下により代謝機能の低下で体温調節が十分にできない為に「熱中症」に罹りやすいです。

最後に私達にも十分注意しなければならないのは最高気温の上昇、熱帯化により今まで日本では流行しなかった「熱帯性の伝染病・感染症」です。

現在、沖縄で「はしか」が流行しており感染する患者さんが増えていますが今後、地球規模で温暖化が進行していますので、日本でも「デング熱」「マラリア」「ラッサ熱」など熱帯地域で流行する「伝染病・感染症」の流行が予想されますので、「私には関係ない」「日本は大丈夫でしょう」と考えず、今から自然治癒力、自己免疫力を高めてご自身の健康状態を好調に保っていきましょう!

そんな本日のブログは最近ご来院された新規の患者さんが涙を流され、「痛みや身体の事を理解してもらえて嬉しいです」と仰ったという事をお伝えしたいと思います。

この患者さんは、若い頃からお身体の症状をご家族、病院・医療機関・医者をはじめ非常に多くの方に理解してもらえず、ずっとご苦労されて、苦しみながら生活されてきたそうです。

問診では数値や画像に出ない「症状」を多くお持ちで西洋医学でも病名診断ができない、また「西洋医学では病気と捉えない症状(便意が多いなど)」など「些細な症状」が複数存在していた事が分かりました。

そして病院では気のせい、異常なし、不定愁訴、心因性という事が繰り返された結果、ご家族様も何らかの異常は感じていたと思いますが厳しい対応で育てられたとのことでした。(ご家族様も心配されていたと思いますが、病院・医療機関で異常なしとされてしまうと病気ではない「気持ち」の問題と捉えられてしまいます)

その結果、患者さん自身は「医者やご家族様、周囲の人間に理解してもらえない」状況の中で苦しみながら成長することとなり、非常にお辛い思いを積み重ねながら生活していらっしゃったそうです。

そして、たまたま辿り着いたのが東洋医学の天恵堂治療院でした。

問診の段階から色々と複雑な事情やお身体の症状を伺い、大まかなお身体の状態を推測しながら診察を始めたところ、問診票には「全く記載されていない部分に、嫌な熱の反応が出ていました」ので、

私が「ここは昔から痛みませんでしたか?」と質問すると、

患者さん「いゃ~昔から痛くて、今も時々痛くなるんです」「ずっと変な感じが続いているので慣れちゃいました。」「他の所がもっと辛いし、伝えても分かってもらえないから書きませんでした」との事でした。

私「これだけ異常な反応が出ているってことは、相当お辛かったんじゃないですか?」と尋ねると、

患者さん「先生、私の体の事、分かるんですか?」と仰っられたので、

私「少しは東洋医学を勉強しているので、分かりますよ」と答えると、

患者さん「痛みや身体の事を理解してもらえて嬉しいです」「ずっと昔から誰に言っても分かってもらえず、辛かったんです」と仰って、涙を流されました。

東洋医学の凄い先生方なら当たり前に起こることなのですが、私はいつも通りの問診・診察・治療をしていただけで患者さんが涙を流されるというのは「初めての経験」で少し驚きました。

たしかに患者さんの生まれ育った年代、時代背景などを考えると非常に苦しく辛い状況だったことが推測できます。

また患者さんは問診・診察・治療の過程の中で拝見する限り受け答え、言葉遣い、表情・態度などを総合的に判断すると「発達障害」や「遺伝性の問題」「先天性の疾患」の可能性が非常に少ないごく普通の一般の方です。

ただ問診・診察の過程で分かったのは乳幼児から小児期にかけて東洋医学的にお身体が多少幼弱だったという事が分かっております。

それに当時の状況、西洋医学的に異常所見が発見されず、ご家族様、周囲の人間の無理解により、孤立してしまい症状を悪化させ、勉強や社会適応能力が偏ってしまった結果が現在につながっていると推測され、ずっとご苦労されながら今まで生活されてきたんだなという事が非常によく理解できましたし、東洋医学の治療家を志し、患者さんの役に立てて本当に良かったと実感しました。

治療後も身体の無駄な緊張が緩み「眠くなる」「身体のこわばりが緩む」「痛みが軽減する」といった改善が見られ、治療後の養生指導でも「痛みや身体の事を理解してもらえて嬉しいです」「ずっと昔から誰に言っても分かってもらえず、辛かったんです」と仰って喜ばれておりました。

これからも原因不明の不快な症状や西洋医学では治療では思うような効果が出ない患者さんのお役に立てるように更に精進して参ります。

 

今日も一日、頑張って素晴らしい一日を過ごしましょう!

辛い症状でお困りのみなさん暦では「穀雨」になり暦の上での春も最後です、朝晩も過ごしやすくなりましたが、まだまだ急な寒さが戻る事がありますので、くれぐれもお身体を冷やさないようにお気を付けてお過ごしください。

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、

栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

天恵堂治療院

323-0022

栃木県小山市駅東通り2-11-1パークシティ107

TEL 0285-38-6257

FAX 0285-38-6232

携帯 090-8585-2813

mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com

HP http://tennkeidou.net/

院長 福田 恵一