不妊治療の検査で女性死亡

みなさんおはようございます。
栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今朝は昨日とは打って変わって快晴の気持ちの良い天気になりましたね!今日は洗濯物も布団も思い切り干せそうですね!

ただやっぱり気になるのは今日の「最高気温が5月下旬並み」ということです、最高気温は概ね午後2~3時頃になると思いますが、朝晩の最低気温が「平年並み」になると日中と朝晩の寒暖差が大きくなります。

またつい先日も4月にも関わらず最高気温が30度を超えるという日もあり地球温暖化の影響が出ておりますので、体調管理にも十分に注意する必要があります。

あと天恵堂からのお知らせですが本日は小山駅前のロブレの生涯学習センターで筋トレ・ストレッチ教室(無料)を行います。腰痛予防、将来の寝たきり・介護の予防、気になる尿漏れ改善、骨盤を整える運動などの内容になっております。10時から11時で開催いたしますのでお時間の有る方は、是非ご参加いただきみんなで健康になりましょう!

本日のブログは「不妊治療の検査で女性死亡、担当医ら書類送検へ」というニュースがありましたので、みなさんと情報共有しみなさんの健康に役立てて頂きたいと思います。

「不妊治療の検査で女性死亡、担当医ら書類送検へ」読売新聞より

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180423-OYT1T50001.html?from=ytop_main5

昨日は「西洋医学も100%ではない」というブログを書きましたが、不妊治療の「検査」で30代の女性の患者さんがお亡くなりになってしまったそうです。

私も以前、美容や不妊治療に力を入れていた東京の鍼灸院で治療を行っておりましたので、不妊治療において一部「外科的な」検査が必要な事があるというのは知っていましたし心臓や脳などの「治療・手術」などと比較しても安全で、命に関わることは少ないという認識でした。

しかも今回の場合は「検査」ですから、正直なところ非常に驚いています。

ただ今回のケースでは「全身麻酔」を行っていた事、「腹腔鏡」を使用していた事が大きな要因だと思われます。

また以前にも同様に出産の際の「無痛分娩」でも麻酔を使用した死亡事故が起きています。

「無痛分娩の死亡事故、院長を書類送検へ 大阪府警」朝日新聞より

https://www.asahi.com/articles/ASKB44TCSKB4PTIL00S.html

「全身麻酔」では生命に関わることも起こり得ることは既に常識ですし、「腹腔鏡」の使用では比較的、手術後の回復が早く傷が目立たないなどの利点が多くご高齢の方でも行われることがありますが、「群馬大学病院で8人の患者さんが死亡された事件」もありましたので生命の危険が全く無いか?というとそう言う訳でもありません。

「腹腔鏡手術 リスクないのか?」読売新聞より

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20141117-OYTEW52406/?catname=news-kaisetsu_kaisetsu-kikaku_oshiete

今回のご不幸に際しては様々な要因があるのだとは思いますが、今後の調査を通して多くの方が安心して受けられる、より安全な不妊検査・不妊治療が実現するとともに、お亡くなりになられた患者さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

是非、このブログをお読みいただいているみなさんには養生・セルフケア、定期的な治療ケアを実践、継続して頂き「病気知らずの素晴らしい未来」を手に入れて頂きたいと思います。

今日も一日、頑張って素晴らしい一日を過ごしましょう!
辛い症状でお困りのみなさん暦では「穀雨」になり暦の上での春も最後です、朝晩も過ごしやすくなりましたが、まだまだ急な寒さが戻る事がありますので、くれぐれもお身体を冷やさないようにお気を付けてお過ごしください。

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、
栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

天恵堂治療院

323-0022

栃木県小山市駅東通り2-11-1パークシティ107

TEL 0285-38-6257

FAX 0285-38-6232

携帯 090-8585-2813

mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com

HP http://tennkeidou.net/

院長 福田 恵一