やっぱり病気になりますよ・・・。それは・・・。定期ケアをしない

みなさんおはようございます。

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

今朝は小雨が降る少し肌寒い朝になりましたね、通勤の自転車でも手や足が寒く感じました。

午後からは天気が回復し気温も上昇してきますから急激な温度変化や気圧の変化に伴う首肩こり、のぼせ、頭痛など体調管理には十分ご注意ください。

また先日の5月5日より二十四節季の「立夏」です、いよいよこれから夏至に向かい陰陽の陽の氣が強くなってきます。小さなお子さんやご高齢者の「熱中症」にご注意ください。

“こういう先手、先手”の対応をできるというのが東洋医学の良い所であり非常に強い部分ですね。

最近、医療・介護関係の方や天恵堂にご来院されている患者さんからご紹介頂き、新規の患者さんが外来、特別往診ともに増えてきており大変ありがたいと感謝しております。

患者さんから頼りにして頂けるのは非常にありがたい事ですので、一生懸命、治療をさせて頂き同時に東洋医学の勉強や研修も頑張ってまいります。

東洋医学の治療を行っていると「病院でなかなか治療効果が無くて・・・」とか「ずっと慢性的な症状・痛みを繰り返していて・・・」とか「大病を患ってしまって東洋医学に辿りつく」という方の治療をさせて頂いておりますが、みなさんそれぞれに“大元”にある原因・病因というのは千差万別で誰一人として同じ方はいらっしゃらないんですね。

しかしその中でも患者さんに応じて比重は異なりますが、“大元”の原因・病因として大きな比重を占めるものが幾つかあります、その原因や病因について今回のブログでお伝えしていきたいと思います。

“大元”にある原因・病因として比重の大きなものとしては以下のものが多いです。

1:精神的ストレス

2:疲労 (肉体的ストレス)

3:運動不足

4:飲食習慣

5:生活習慣

6:定期ケアをしない

7:思考・考え方

本日は6:定期ケアをしないについてお伝えしていきたいと思います。

本日のブログ「定期ケア」についても多くの示唆が記載されておりますので、いつまでも明るく元気に健康で過ごす為に「養生訓」をみんなで読みましょう!(ホントに)

先日のブログでも書きましたが貝原益軒先生の「養生訓」=生命を養う教えという意味の書籍です。

聖路加国際病院名誉院長の故日野原重明先生もご推薦されております。

いつもブログでもお伝えしていますし、最近は初診の患者さんにもお伝えしていますが、みなさんは「定期ケア」「セルフケア」を行っていますか?

「たまに」行っているという方は少しはいらっしゃるかもしれませんが、「定期的に」「継続して」となると非常に少ないのではないでしょうか?

これは私も含めてですが定期的に行わないと、得られる効果が非常に少なくなってしまいますので、是非、通勤や通学の時間を利用して歩行時間・歩行の歩数を増やす、電車でコッソリ筋トレするなど工夫して行ってみるとだんだん楽しくなってきますよ。

因みに私のお薦めは下半身の筋トレとスロジョグ、自転車移動などが比較的行いやすく、運動不足になりがちな下半身の筋力アップやダイエットにも効果が期待できますので大変お薦めです。

筋トレやスロジョグといっても通勤・通学中は難しいと思われるかもしれませんが、エスカレーターやエレベーターの利用を控えて階段を使う、大股で歩く、少し速足で歩くなどちょっとした日常の習慣を変えるだけでも「毎日」「継続」すると非常に大きな効果に結びつきますよ。

こういう「小さな積み重ね」ができない人は知らないうちに、気付かぬうちに不健康のサイクルに入ってしまい、徐々に体力、免疫力、などの健康度が低下していき、慢性的な疲労感、不快な症状などの原因が分かりにくく、画像や数値で現れにくい状態に悩まされやすくなります。

例えばなしですが、このような「小さな健康習慣」の積み重ねは「毎食後の歯磨き」と同じです、毎食後に歯磨きをすることで「痛くて不快な虫歯」を予防することができます。

こいう毎日の「小さな健康習慣」の継続があるからこそ「痛くて不快な虫歯」にならずに済みますよね。

また自分だけの「健康習慣=歯磨き」だけではどうしても、健康を維持しきれない「歯周ポケット」「歯石」という「盲点」のような部分があり、この「盲点」を放置してしまうとそこから「虫歯」や「歯周病」の原因になってしまうので、「定期的」に歯科医院での「専門的ケア」「歯石取り」「歯周ポケットの掃除」などを行ってもらい歯、歯肉など口腔内の健康を「高い状態を維持」して「痛くて不快な虫歯」にならないようにしているはずです。

これはもう一般の方にとっても「常識」ですよね。

ではみなさんの「大切なお身体・肉体」についてはどうでしょうか?

「定期ケア」や「セルフケア」を行っていらっしゃいますか?

お身体に不調はありませんか?

もしお身体に不調があるようでしたら「お身体の痛み=虫歯」のサインが出ていると思いますので、「セルフケア」や「定期ケア」をしっかり行ってみて下さいね。

是非、このブログをお読みいただいているみなさんには養生・セルフケア、定期的な治療ケアを実践、継続して頂き「病気知らずの素晴らしい未来」を手に入れて頂きたいと思います。

今日も一日、頑張って素晴らしい一日を過ごしましょう!

東洋医学はお身体の診察をしっかりと行い治療して「お一人お一人に合った」治療を行うのが大きな特徴であり、
未病治=大病になる前に病を治すという基本になります。

私の考えでは、

絶好調=非常に健康で心身ともに活き活き生活

好調=健康で良い状態で疲れもすぐに回復する

未病=不調の手前

不調=小病の手前(画像や数値が正常値から外れる注意状態)

小病=何らかの異常が数値・画像・言動・行動に認められる

大病=明らかに大きな異常が認められ治療が必要になる

というような身体の健康-疾病観を持っていますので、未病、不調の内に小病・大病になる前に先手、先手と治療をできるというのが東洋医学の非常に大きな強みです。

このブログをお読みのみなさんの健康度・健康レベルはどのあたりでしょうか?

辛い症状でお困りのみなさん暦では「立夏」になり暦の上で夏が始まりました。

朝晩も過ごしやすくなりましたが、まだまだ急な寒さの戻りや日中、猛暑になる事がありますので、くれぐれも体調管理にはお気を付けてお過ごしください。

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、

栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

天恵堂治療院

323-0022

栃木県小山市駅東通り2-11-1パークシティ107

TEL 0285-38-6257

FAX 0285-38-6232

携帯 090-8585-2813

mail tennkeidou.tiryouinn@gmail.com

HP http://tennkeidou.net/

院長 福田 恵一