プールでリハビリ 認知症の予防効果も期待できる!

みなさんおはようございます

栃木県小山市の自律神経・首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

西日本各地で発生した集中豪雨で被災された皆様にお見舞いを申し上げるとともに、お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

被災地では土砂災害、水害、猛暑、避難生活と非常に厳しい状況だと思いますが、可能な限り体調にお気を付け下さい。

現在も行方不明の方のご無事と、早急に復旧し平穏な日常生活に戻ることを心より願っております。

昨日は熊谷で最高気温が41・1度と日本での最高気温を更新してしまいましたね、これほど暑くなってしまうと日中の屋外活動では生命に危険が伴いますので、みなさんも外出する時はくれぐれも熱中症対策を万全にしてお出かけください。

また今朝も朝から晴れて暑い一日のスタートになり全国各地で気温が35度以上になる予報が出ておりますので屋内・屋外を問わず熱中症への対策をお取りいただき、体調には十分にご注意ください。

先日、家具・日常生活雑貨のニトリさんで購入したNクールWスーパーの布団敷きパッドを使っておりますが、とても快適で接触冷感!ひんやりして気持ち良く睡眠をとる事ができています。

いやぁ~これ、ホントに素晴らしいですね!

何が素晴らしいって、私のように氣の滞りがある人や、起床時に手指が強張ったり、肩や腰など慢性的な症状が痛む人は、エアコンで冷やしすぎると痛みが強くなったり、身体が重だるくなるんです。

だから体力や生命力が低下している高齢者はエアコンが苦手なんですね。

そこでNクールWスーパーです!適度にエアコンで室内が快適になったらタイマーをかけておき、扇風機で空気を循環させておけば快適に睡眠がとれます!

睡眠がとれることにより身体がしっかりと回復して、途中で暑苦しく起きる事も減少し熟睡感も高まりますので心身ともに好調になれますので、NクールWスーパーは非常にお薦めですよ!

ということで本日のブログは先日に続きプールでの健康法「プールで無理なくリハビリ 認知症予防も期待」という記事を見つけましたのでみなさんにお伝えしたいと思います。

「プールで無理なくリハビリ 認知症予防も期待」NIKKEISTYLEより

https://style.nikkei.com/article/DGXKZO30241650Z00C18A5KNTP00?channel=DF140920160925

私も歩行困難な患者さんの往診で関節運動や機能回復訓練の治療も行うのですが、プールでリハビリというのは、このニュースで初めて知りました。

単なる水中ウォーキングではなく、専門の水治運動療法士の指導で水の浮力や抵抗を上手く利用して手足の運動機能の回復や心身の健康を目指しているそうです。

特に脳梗塞・脳出血などの脳血管障害のリハビリに有効で認知症予防の効果も期待されているそうです。

プールリハビリのメリットとしては、

水の浮力があるので陸上では困難な運動も身体への負担が少なく無理なく続けやすい

介護認定に応じて介護保険が適用され少額の負担で利用が可能

水の浮力の効果で腰が伸び、腰痛や股関節・膝関節の痛みを和らげる効果が期待できる

ボールを使った運動では手先の器用さ(巧緻性)の回復に役立つ

31度の水温が免疫力をアップさせる

水圧の作用で血行促進効果が期待できる

水の水圧(抵抗)を利用すれば負荷が強くなり筋力向上も期待できる

転倒の不安や心配が無いので安心して身体を動かせる→自信につながる

これ以外にもメリットはあると思いますが大きなメリットとしては上記の事紹介されていますね。

ニュースの中では『「水中で手足を動かしているうちに1年ぐらいで腰と膝の痛みが和らぎ、つまずいて転ぶことがなくなった」と笑顔で話す。水の力は心の健康と自立も支えている。』と記されており、体力の向上、心身の健康度の向上、転倒リスクの回避など素晴らしい効果が期待できますね。

『「水中では筋肉がリラックスし、陸上と違う刺激を脳に与える。この刺激が認知症の予防や改善効果を生むと考えられる」』

『「ドイツでは水中運動と温浴は治療として医療保険が適用される。さらに環境整備が進めば、日本でも水中運動は身近なリハビリとして広がるだろう」』とアクアライフ研究所の野村武男所長のお言葉が紹介されていました。

やっぱりプールや水中は陸上とは違い、身体の使い方や感じ方など全然違いますから、当然脳への刺激や脳からの命令・連絡も陸上とは異なりますので、非常に良い効果が期待できますし、陸上ではできない運動をするというのも良いですよね。

前回のブログ同様にプールや海で泳ぎたくなってきました!

日本でももっとプールリハビリが増えて健康を取り戻す人が増えることを心から願っております。

私の様な東洋医学・未病治の医学を実践する治療者としては、基本的には日常生活の中でセルフケア・養生を継続・実践して頂き、「軽い不調」の段階で東洋医学の治療を受けて心身の状態を回復させる、それでも「いつもと違い」急激に悪化したり、骨折など原因が明らかなものに対しては西洋医学の治療を優先することが

西洋医学では画像や数値に異常が無ければ鎮痛剤など対症療法でしか対応できない事が多いと感じます。

西洋医学的に「異常」が見つからなくても東洋医学的に「異常」が見つかったり、その「異常を治す」治療がある場合もありますので100%西洋医学を信用することも良いですが、同時に西洋とは「違う角度・診かた」でお身体を治療する「本当の東洋医学」の治療を受けてみる事も大切だと思いますし、併用することで少しでも早くお身体の症状が回復する可能性もありますのでご参考になさってください。

※当院では痛い場所だけに鍼を刺したり、顔に鍼を刺すもの、東洋医学の道具だけを使った方法を「本物の東洋医学」とは判断しておりません。

是非、このブログをお読みいただいているみなさんには養生・セルフケア、定期的な治療ケアを実践、継続して頂き「病気知らずの素晴らしい未来」を手に入れて頂きたいと思います。

今日も一日、頑張って素晴らしい一日を過ごしましょう!

東洋医学はお身体の診察をしっかりと行い治療して「お一人お一人に合った」治療を行うのが大
きな特徴であり、未病治=大病になる前に病を治すという基本になります。

私の考えで東洋医学的な健康度のイメージを図にすると以下のようになります。

 

というような身体の健康-疾病観を持っていますので、未病、不調の内に小病・大病になる前に先手、先手と治療をできるというのが東洋医学の非常に大きな強みです。

このブログをお読みのみなさんの健康度・健康レベルはどのあたりでしょうか?

辛い症状でお困りのみなさん暦では「大暑」になり暦の上で夏本番になりました。

朝晩は比較的に過ごしやすいですが、すでに猛暑・酷暑が本格的になりますので、くれぐれも体調管理にはお気を付けてお過ごしください。

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、

栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

天恵堂治療院

323-0022

栃木県小山市駅東通り2-11-1パークシティ107

TEL 0285-38-6257

FAX 0285-38-6232