膝痛セルフケア教室行いました

おはようございます天恵堂治療院・福田です。

いよいよ11月、暦の上では立冬を過ぎて朝晩の冷え込みも強い時期になりましたね。

皆さんは健やかにお過ごしでしょうか?

最近は冷えによる風邪の患者さんが多くなってきましたし、私も風邪をひいて冷えがお腹に来てしまい、3~4日は下痢の症状が強くて大変でした。一部ではインフルエンザの感染が増えていますので十分に注意してお過ごしくださいね。

先手、先手で乾燥対策、冷え対策を行っていただき、いつも通り食養生、軽い運動、しっかり睡眠を心がけて体調を整えていきましょう!
良い体調を維持すること=自律神経も免疫力も良い状態を維持することです!

本日のブログはタイトルの通り、小山市立生涯学習センターで膝痛のセルフケア教室を行ってまいりました。

というのも私が生涯学習センターにて介護、寝たきり予防の筋トレ・ストレッチ教室で講師を行っている関係で年に数回、一般の市民向け健康教室を行っているんです。

今回の膝痛は軽症から重症まで日本には2530万人も患者さんがおり、深刻な問題になっています。

というのも、膝痛が原因で歩けなくなると筋力の低下→転倒や骨折、運動不足により高血圧や脂質異常症が悪化すると心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病など二次的、三次的に命に係わるような大病の原因になってしまう事、そして寝たきりや認知症へと移行してしまう事が問題になるんです。

今回の膝痛セルフケア教室は定員30名のところ41名と定員オーバーでしたが、受講者の方たちとしっかりとセルフケアの運動を行いました。

少し痛いだけだから大丈夫だろう、薬を飲めば治るだろう、という考え方では
膝痛 → 安静・運動不足 → 筋力・体力低下 → 更に痛みが悪化するという悪循環になってしまい悪化してしまう可能性が高いです!

ですから少しの痛みや不調を放置せず適切な治療を受けること!また普段からストレッチや筋トレ、ウォーキングなどのセルフケアを行うこと!

そうすれば膝痛は悪化する危険性を低くすることができます!
是非、皆さんも普段の生活にセルフケアを取り入れて頂き健康にお過ごしいただきたいと思います。

また今回は特別協賛としてセネファ株式会社より特別にせんねん灸(竹生島・太陽)をご協賛いただきました。
冷え対策の保温、お灸・温活も非常に効果がありますので受講者様にはお喜び頂けたことと思います。


寒さが厳しくなりインフルエンザも流行してきましたので
くれぐれも体調管理にはお気を付けてお過ごしください。
辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!
みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。
みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、
栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

厚生労働大臣免許(国家資格)
はり師           免許 第 一五六三八三 号
きゅう師          免許 第 一五六一三〇 号
あん摩マッサージ指圧師   免許 第 一三四七二七 号 
医療専門課程 専門士
厚生労働省 教員登録番号 第326号
現代医療鍼灸臨床研究会 会員
小山市立生涯学習センター 講師
福田 恵一

~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・

天恵堂治療院

323-0022

栃木県小山市駅東通り2-11-1パークシティ107

TEL 0285-38-6257

グーグルマップ

https://www.google.com/maps/place/%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6+%E5%A4%A9%E6%81%B5%E5%A0%82%E6%B2%BB%E7%99%82%E9%99%A2/@36.31559,139.8092243,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x601f4ef7a62948ad:0xc5729901af79572d!8m2!3d36.31559!4d139.811413