コロナウィルス 感染予防対策

こんにちは天恵堂治療院・福田です。

今日は3月6日、風も穏やかになり晴れて良いお天気になりましたね。

昨日は透熱灸という昔ながらの熱いお灸が免疫力(白血球やリンパ球)を高めてくれるという事をお伝えしました。

本日は基本的にはいつも通りの衛生管理なのですが改めて厚生労働省のHPを確認し天恵堂治療院で行っているコロナウィルスの感染予防対策についてお伝えします。(厚生労働省のHPを参考にしています)

1:治療者はマスクを着用し、患者様の治療後は必ず手洗いと手指のアルコール消毒を行い、常に清潔を保つように心がけています。

2:治療後のベッドは1回の治療ごとにアルコール消毒を行い、うつ伏せの際はお一人ごとのフェイスタオルと使い捨てフェイスペーパーを使用いたします。

3:院内のドアのぶ、洗面所、トイレなど患者様、治療者が手を触れる部分の消毒、衛生管理をしっかりと行っております。

4:院内感染を予防するために定期的に院内の換気を行っております。

以下厚生労働省のHPより抜粋 
新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q5


現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。


(1)飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。


※感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき


(2)接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。

未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。


※感染場所の例:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

上記のように飛沫感染と接触感染が考えられていますので厚生労働省のHPに記載されている一般社団法人日本環境感染学会ホームページのhttp://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/dokyokazoku-chuijikou.pdf
の予防対策を確認したうえで患者さんに健康被害を出さないよう、また私自身が感染し感染を拡大しないよういつも通り衛生管理に努めてまいります。

体調が優れない方、気持ちが沈んでしまっている方も多いと思いますが、みんなで力を合わせて乗り越えていきましょう!

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!
みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。
みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、
栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

厚生労働大臣免許(国家資格)
はり師
免許 第 一五六三八三 号
きゅう師
免許 第 一五六一三〇 号
あん摩マッサージ指圧師
免許 第 一三四七二七 号
医療専門課程 専門士
厚生労働省 教員登録番号 第326号
現代医療鍼灸臨床研究会 会員
小山市立生涯学習センター 講師
福田 恵一
~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・
天恵堂治療院
323-0022
栃木県小山市駅東通り2-11-1パークシティ107
TEL 0285-38-6257
グーグルマップ
https://www.google.com/maps/place/%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6+%E5%A4%A9%E6%81%B5%E5%A0%82%E6%B2%BB%E7%99%82%E9%99%A2/@36.31559,139.8092243,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x601f4ef7a62948ad:0xc5729901af79572d!8m2!3d36.31559!4d139.811413